Rakuten infoseek

辞書

【シ】

デジタル大辞泉

し【至】
[接頭]時間・場所を示す名詞に付いて、行き着くところ、到達点を表す。「自六月九月」「自成田ホノルル」⇔自(じ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し【至】[漢字項目]
[音](呉)(漢) [訓]いたる
学習漢字]6年
ぎりぎりのところまで行き着く。いたる。「乃至(ないし)必至
この上ない。いたって。「至極(しごく)至言至上至当至難至福至便
太陽が回帰点に達した日。「夏至(げし)冬至(とうじ)
[名のり]ちか・のり・みち・むね・ゆき・よし
[難読]至是(ここにいたりて)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いたり【至】
[1] 〘名〙 (動詞「いたる(至)」の連用形の名詞化)
① 心の働きなどが、物事に行きわたる度合。思慮、学問などの深さ。→至り深し至り賢し
※源氏(1001‐14頃)明石「心のいたり少なからん絵師は、かき及ぶまじと見ゆ」
② 物事の極点に達すること。きわまるところ。きわみ。極致。
※書紀(720)神代下(兼方本訓)「其の誠欵(まこと)の至(イタリ)を陳(まう)す」
※徒然草(1331頃)二一九「短慮のいたり、きはめて荒涼の事なれども」
③ ある事の結果、そうなるところ。
浮世草子・傾城歌三味線(1732)一「今迄は若げの至(イタ)りと了簡して」
④ 気がきいていること。粋なこと。上品なこと。また、ぜいたくなこと。
※咄本・鹿野武左衛門口伝はなし(1683)上「すこしいたりをいはんとおもひて」
※浮世草子・傾城色三味線(1701)京「見へぬ所に結構をつくし、至りといふて珍重がるべし」
[2] 〘語素〙 近世、さまざまな名詞の上に付けて用いられた。
① 非常に上等である、ぜいたくであるの意を表わす。「いたり茶屋」「いたり料理」など。
② 気のきいた、しゃれているの意を表わす。「いたり大尽」「いたり染め」など。
③ 下接する名詞の程度のはなはだしいことを表わす。「いたり病(やまい)」「いたり気質」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

至の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.