Rakuten infoseek

辞書

自立語【じりつご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

自立語
じりつご
(1) 橋本進吉術語。それだけで文節をつくることのできる単語で,1つの文節は必ず1つの自立語を含む。「詞」ともいい,「辞」である付属語に対する。「花ガ咲ク」の「花」「咲ク」など。助詞,助動詞を除くすべてが含まれる。 (2) 服部四郎の術語。発話段落として現れることがあり,しかも文に該当する発話あるいは発話段落として現れることもある単語。自立語は自由形式でもあり,かつ自立形式でもある。要するに,それだけで発話することのできる単語,それだけで自立できる単語をさす。具体的には日本語の場合 (1) とほぼ同じであるが,より一般言語学的観点から定義したもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じりつ‐ご【自立語】
国文法での語の分類の一。単独でも文節を構成することのできる単語。付属語に対する。名詞代名詞動詞形容詞形容動詞副詞連体詞接続詞感動詞の類。詞。⇔付属語

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じりつご【自立語】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じりつご【自立語】
国文法での単語の二大別の一。ある観念を表し、文中で単独でも文節を構成することのできる語をいう。名詞・代名詞・動詞・形容詞・形容動詞・連体詞・副詞・接続詞・感動詞の類。詞。 ⇔ 付属語

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

自立語
じりつご
日本語の文法論で、単独で文節を構成することのできる単語を「自立語」という。橋本文法(橋本進吉の文法論)では、文の構成について、語(単語)が文節を構成し、文節が文を構成するというように、二段構えで考える。「今日もよいお天気です。」という文は、実際の言語としてできるだけ多くくぎると、「今日も―よい―お天気です。」の三つに分かれるが、この一つ一つが文節であり、「今日」「よい」「お天気」のように単独で文節をつくれる語が自立語、「も」「です」のように単独で文節をつくれない語が付属語である。この用語は、橋本文法を根幹とする文部省『中等文法』(1947)によって普及したが、橋本自身の著書では、自立語は「詞」「独立する語」、付属語は「辞」「付属する語」とよばれる。なお、自立語には、名詞、動詞、形容詞、形容動詞、副詞、連体詞、接続詞、感動詞が含まれる。[山口佳紀]
『橋本進吉著『国語法研究』(1948・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じりつ‐ご【自立語】
〘名〙 日本文法で、単独でも文節を構成することのできる単語をいう。助詞・助動詞を付属語というのに対して、名詞・代名詞・動詞・形容詞・形容動詞・副詞・連体詞・接続詞・感動詞の類がこれに属する。詞(し)。〔高等国文法新講(品詞篇)(1937)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自立語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自立語の関連情報

他サービスで検索

「自立語」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.