Rakuten infoseek

辞書

自由民権【じゆうみんけん】

世界大百科事典 第2版

じゆうみんけん【自由民権】
1870年代後半から80年代にかけて,政府の専制に反対し参政権と自由および自治を主張して,憲法制定,国会開設に至る状況をつくり出した国民的な運動。
[運動の経過]
 1874年に征韓派の旧参議が提出した民撰議院設立建白書を端緒として,高知の立志社を先頭とする各地の士族結社による民権運動が始まり,77年の立志社建白,78年の愛国社再興に至った。一方,維新変革と地租改正,徴兵令などの諸改革の過程で政治的視野を拡大した豪農商層は,地方民会の設立を要求し,さらに78年の地方三新法によって設置された府県会を拠点として政治勢力を増大し,彼らを中心とする政治結社が各地に結成されて広範な政治参加の運動が広がった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

じゆう‐みんけん ジイウ‥【自由民権】
〘名〙 人民の自由と権利。
※自由新誌‐明治一六年(1883)一月二七日「即今県下にて自由民権の説を唱ふる者は県会議員、新聞記者并に免職官員の類にて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自由民権」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自由民権の関連情報

他サービスで検索

「自由民権」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.