Rakuten infoseek

辞書

自由刑【じゆうけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

自由刑
じゆうけい
Freiheitsstrafe
受刑者の自由を剥奪し,拘禁施設内に強制的に収容することを内容とする刑罰をいう。自由刑は威嚇的作用による一般予防的機能と強制作業を中心とする改善教化による特別予防的機能とを有している。刑法は自由刑として懲役禁錮拘留の3種を規定するが,このうち懲役と禁錮との区別を廃止して拘禁刑一本に統合し,かつ短期自由刑は弊害が多いところから,この廃止を主張する見解が有力である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゆう‐けい〔ジイウ‐〕【自由刑】
生命刑財産刑に対し、自由の剝奪(はくだつ)を内容とする刑。現行刑法上、懲役禁錮拘留の3種がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゆうけい【自由刑】
自由を奪う刑罰の総称であり,日本では,懲役禁錮拘留の3種がある。いずれも,監獄拘置ないし拘留場拘置といった,施設拘禁を内容とするため,拘禁刑とも呼ばれる。自由を制限する刑罰としては,特定の場所への立入りを許さない追放刑や,国内外の過疎地や植民地等への流刑もあったが,これらは近代国家の刑罰として自由刑が確立するとともに廃れた。この拘禁刑としての自由刑は,懲治場や廃船収容など,それに先立つ行刑の前史を有しつつ,18世紀から19世紀にかけて啓蒙君主らによる刑法典の中で中心的な刑罰として規定された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゆうけい【自由刑】
受刑者の自由を剝奪はくだつする刑。現行法では懲役・禁錮・拘留がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

自由刑
じゆうけい
自由の剥奪(はくだつ)を内容とする刑罰。現行法上、懲役、禁錮、拘留の3種類がある。生命を奪う死刑、身体を傷つける身体刑、名誉を奪う名誉刑、金銭を奪う金銭刑などと区別される。古代・中世ごろまでは、上層階級の者に対する拘禁刑(禁錮刑)を除けば、労働力不足を補うための労働力搾取が内容であったが、16世紀後半、産業革命によってようやく資本主義が台頭してくると、労働による犯罪者の改善を目的とする自由刑が登場し(アムステルダム懲治場)、近代的自由刑の先駆けをなした。日本でも、律令(りつりょう)制度以来明治まで徒刑という一種の労働刑があったが、1790年、松平定信(さだのぶ)によってつくられた石川島人足寄場(よせば)では、労働や心学講話などによる犯罪者の改善が試みられた。しかし、労働による改善は時代や地域が限定され、そのまま順調な発展を遂げたわけではなかった。自由刑は、どの自由を剥奪するかによってその内容に違いが出てくるが、現在の自由刑は、自由な社会生活の場からの強制的な隔離(拘禁)とその期間を利用した社会復帰を目ざす改善・更生(処遇)を二つの重要な要素としている。拘禁の問題については、拘禁に伴う自由制約の範囲との関係で、受刑者の法的地位が論ぜられる。人道主義的観点からの監獄改良運動の進展と、20世紀に入ってからの人権重視の風潮は、受刑者の自由の制約範囲の縮限を促した。また、自由以外の権利の侵犯にわたることのないようにも説かれている(自由刑の純化)。処遇の考え方は、19世紀後半に本格化した人間行動科学の発達に負うところが大きく、隔離による社会の防衛(無害化)とあわせ、犯罪者の改善による社会の防衛を意図している。現在、自由刑問題は処遇の問題を中心に動いており、拘禁は処遇のための一条件になりつつあるといっても過言ではなく、懲役における定役も処遇の一環と考えられている。処遇中心の考え方では、懲役と禁錮の区別は無意味なものとなり(単一刑論)、十分な処遇を施すことのできない短期自由刑は改善効果よりも弊害が大きいとされる。また、自由な社会生活への訓練にはできるだけ一般社会に近い環境での処遇が必要であるという理念が、伝統的な閉鎖施設にかわる開放施設を登場させ、継続的拘禁の不必要を説いて、週末拘禁、帰休制などの諸制度を採用させた。しかし、犯罪者のなかには、改善・更生のための特別な処遇より、むしろ違法行為を行ったことを感銘的に認識させること、また、劣悪な社会環境から一定期間切り離すことを必要とする者もおり、拘禁も軽視できない問題だとされる。[須々木主一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゆう‐けい ジイウ‥【自由刑】
〘名〙 犯罪者の身体の自由を制限する刑罰。日本の現行法では、懲役・禁錮・拘留の三種がある。
※東京日日新聞‐明治二四年(1891)一一月一七日「条例改正に就ては自由刑に代ふるに罰金を以てし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自由刑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自由刑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.