Rakuten infoseek

辞書

自然堤防【しぜんていぼう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

自然堤防
しぜんていぼう
natural levee
氾濫原を流れる河川両側に自然に形成された堤防状の小高い地形洪水時に運搬されてきた土砂流路の両側に堆積したもので内側は急に,外側はゆるく傾斜し,数m内外の比高をもつ。堆積平野の中央部に形成されることが多い。周辺比べ,わずかながら高く粗粒物質からできていて乾燥しているため,古くから宅地果樹園として利用されてきた。古来,河川の堤防はこの上に築かれていることが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しぜん‐ていぼう〔‐テイバウ〕【自然堤防】
氾濫原(はんらんげん)を流れる川の両側に、自然にできた堤防状の高まり。河水中の土砂が堆積(たいせき)してでき、下流部に多い。→後背湿地

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しぜんていぼう【自然堤防 natural levee】
河川のはんらんにより,河道の両側に土砂が堆積して形成された帯状の微高地。河川のはんらん時には,多量の土砂を運搬する濁水が通常の河道から周辺に向けて溢流する。洪水流は河道を離れると拡散して水深が浅くなり,流速も弱まる。その結果,土砂の運搬力は急激に衰え,河岸には砂質の堆積物が,さらに遠方にはシルト・粘土質の細粒堆積物が堆積する。このような河川のはんらんのくり返しによって河岸の部分は次第に高さを増し,河道に沿って帯状に連なる自然堤防が形成される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しぜんていぼう【自然堤防】
河川の両側にできる堤防状の微高地。氾濫はんらん時に土砂が堆積してできる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

自然堤防
しぜんていぼう
氾濫(はんらん)原上を流れる川の常水路の両側に自然にできた微高地。洪水時に常水路からあふれた川の水が氾濫原上に広がると、植生の影響と、急に水深が浅くなるために、洪水流の流速が減少して、常水路の両側へ運搬土砂を堆積(たいせき)する。このために、流路沿いに高く、両側に向かって緩傾斜をもつ自然堤防がつくられる。自然堤防が形成されると、氾濫原の一部は相対的に低地となり、後背湿地を生ずる原因となる。山茂美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しぜん‐ていぼう ‥テイバウ【自然堤防】
〘名〙 川の両側に自然にできた堤防状の地形。洪水のとき川の水があふれ、平常の流路をはずれると急に流速が落ちて、土砂が堆積(たいせき)して生じるもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自然堤防」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自然堤防の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.