Rakuten infoseek

辞書

自然人【しぜんじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

自然人
しぜんじん
近代法のもとで,権利能力が認められる社会的実在としての間をいう。法人に対する概念であり,単に人ともいう。民法は,人が生まれてから死亡するまですべての人間に平等に権利能力を認めている (1条3項) 。近代法は権利能力のない人間すなわち奴隷の存在を許さない。もっとも,外国人は例外として権利能力が制限されることがあり,逆に胎児は例外的に権利能力が認められる場合がある (721,886条など) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しぜん‐じん【自然人】
生まれたままの性情をもっている人。社会や文化の影響を受けないで生きている人。
法律で、権利・義務の主体である個人。近代法では出生から死亡まで完全な権利能力を認められる。⇔法人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しぜんじん【自然人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しぜんじん【自然人】
社会や文化に束縛されることなく、あるがままに生きる人間。
〘法〙 出生から死亡まで等しく完全な権利能力を認められている個人。法人に対する個人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

自然人
しぜんじん
有機的な肉体をもったいわゆる人間を、民法上自然人という。法人に対置される。近代社会においては、自然人はすべて平等の権利能力を有する(民法1条ノ3参照)。自然人の権利能力は出生によって発生し、死亡によってだけ消滅する。なお、日本の民法上「人」ということばが用いられている場合には、自然人と法人とを含めた「法的人格者」の意味で用いられることが多い(たとえば、民法96条・99条・108条・703条など)ので、注意を要する。[淡路剛久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しぜん‐じん【自然人】
〘名〙
未開人、または、社会の因習などに毒されていない、自然のままの人間。
※時代と文芸(1909)〈樋口龍峡〉思潮変遷の社会的観察「然れども自然人は遂に之を現実に覓むべからず」
② 法人に対し、生きている人間をいう。近代法では出生から死亡に至るまで権利能力(人格)を認めている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自然人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自然人の関連情報

他サービスで検索

「自然人」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.