Rakuten infoseek

辞書

自動販売機【じどうはんばいき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

自動販売機
じどうはんばいき
automatic vending machine
硬貨や紙幣の投入により自動的に商品を送り出す機械。その起源は古く,1世紀にアレクサンドリア数学者であり機械学者であったヘロンが考案した「聖水自動販売機」がその初めといわれている。その後 17世紀になってイギリスで復活し,たばこや切手,書籍,菓子などの販売に利用された。本格的な利用は欧米では第2次世界大戦後で,日本では 1960年代に入ってからである。 67年に国鉄の近距離乗車券の販売に導入されて以降急速に普及した。自動販売機の効用には,人手不足の補完,人件費の節約,サービスの向上などがあり,特に 24時間サービスやすきま空間の有効利用など従来の販売形態とは異なる価値を創造した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じどう‐はんばいき【自動販売機】
硬貨・紙幣またはこれに代わるカードを差し入れると、自動的に目的物品やサービスが得られる機械。自販機

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じどうはんばいき【自動販売機 automatic vending machine】
硬貨,紙幣,またはこれらに代わるカードなどを挿入することによって,自動的に物品やサービスを提供する機械。通貨操作式機械とも呼ばれ,その運営形態は無人方式であり,小売店の対面方式,スーパーマーケットのセルフサービス方式より一歩進んだ形態と考えられ,販売・サービス分野における代表的な省力機械である。 機械の種類は販売される中身によって異なるが,大別すると物品自動販売機と自動サービス機に分けられる。おもな物品としては飲料,食品,タバコ,切符,切手,はがき,新聞,雑誌,日用品,雑貨などがあり,なかには1台の機械で数種類の異なった物品を販売するものや飲料などでホットとコールドを同時に販売するコンビネーション型の機種も見られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じどうはんばいき【自動販売機】
お金を入れて操作すると販売物が自動的に出てくる機械。オートマット。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

自動販売機
じどうはんばいき
automatic vending machine
通貨(硬貨、紙幣)またはこれにかわるカードなどを挿入することによって、自動的に物品や情報、サービスを販売する機械。小売店の対面方式、スーパーマーケットのセルフサービス方式より一歩進んだ無人販売方式で、流通・販売部門での代表的な省力機械である。人手不足、人件費高騰の対応策として効果があり、休日・夜間も営業できる利点がある。ただし、同様に通貨で操作される機械として公衆電話機や娯楽機(ジュークボックス、ゲーム機など)もあるが、これらはその用途からみて自動販売機の範疇(はんちゅう)には含めない。日本での普及台数は1999年(平成11)現在で約550万台を数え、人口当りの普及率ではアメリカをしのいで世界第1位である。[佐渡勝利]

種類

大別すると物品自動販売機と自動サービス機に分けられる。おもな物品自動販売機としては飲料、食品、たばこ、券類、切手・葉書、新聞・雑誌、日用品・雑貨、そのほか各種物品の複合・併売自動販売機などがあり、情報、サービス自動販売機のなかには、就職情報自動販売機やパソコンソフト自動販売機がある。同様に自動サービス機としては、自動両替機、自動写真撮影機、コインロッカーなどがある。このほか、ユニークなものとしては「無人コンビニ」がある。店舗全体を自動販売機化したもので、陳列ケースタイプの大型自動販売機が並べられ、その中に約2000品目の商品が収容され、好みの商品番号を押すと、ロボットアームが作動し、商品を取出し口に運ぶ仕組みになっており、自動販売機の新しい可能性を広げるものとして注目されている。[佐渡勝利]

歴史

紀元前215年、エジプトの寺院に出現した聖水自動販売機が世界最古である。この機械はヘロンの発明ともいわれ、ドラクマ硬貨を入れるとその重みで栓が開き、数滴の水を出すという仕掛けであった。この種のアイデアはその後17世紀に入ってイギリスで復活し、広く欧米に伝わって、たばこ、切手、チューインガムなどの自動販売機の考案に生かされた。日本では、1888年(明治21)に俵谷高七(たわらやたかしち)の発明によるたばこ自動販売機が最初で、この機械は当時東京で開かれた内国勧業博覧会に出品され好評を博した。俵谷が考案したなかでもっとも有名な自動販売機は、1904年(明治37)に製作した木製の「自働郵便切手葉書売下機」で、全体が切手自動販売機と葉書自動販売機とポストの三機一体化形式のユニークなものであった。これは現在、東京・大手町の逓信(ていしん)総合博物館に陳列されている。歴史的にいうと1925年にアメリカのロウWilliam Roweが考案した異なった値段で多品種を売るたばこ自動販売機が近代自動販売機の始まりといわれているが、自動販売機がもの珍しさの段階を過ぎ、本格的な実用化段階を迎えたのは、欧米では1930年前後で、日本では第二次世界大戦後の1960年代以降である。[佐渡勝利]

構成

自動販売機の構成は、金銭装置(選別・計数・釣銭(つりせん)装置からなる)、指示装置(制御装置)、貯蔵・加工装置、販売装置からなる。金銭装置は自動販売機の心臓部分で、挿入された通貨の真偽判別、金種選別を行い、金額を計数し、必要に応じて釣銭を出す。真偽判別のチェックポイントは、硬貨については直径、厚み、重量、材質等で、紙幣については縦横寸法などの外形的要素と肖像、模様、すかし、印刷インキの色などの紙幣特有要素を組み合わせて総合判別する。カード方式の場合には、カードの照合判別、金額確認を行う。指示装置は、押ボタンで商品を選択すると、その販売指示を出す。押ボタンのかわりに音声による応答システム(音声合成、音声認識)を組み込んだものもある。貯蔵・加工装置は、商品を種々の形態で貯蔵し、必要に応じて調理等の加工を行う。販売装置は、販売指示を受けて選択された商品を取出し口へ送り出す。一方、このような構成機能を全体的に発展させるものとして、「自動販売機情報管理システム」がある。このシステムは実際に設置展開されている個々の自動販売機と営業拠点のコンピュータとの間をネットワークでつなぎ、機内の販売情報や故障情報などをリアルタイムで収集し、機械の保守や商品の配送、補充を効率的に行うことで、売れ筋商品の把握、売り切れや故障による販売機会の損失を防ぐことを目的としている。[佐渡勝利]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じどう‐はんばいき【自動販売機】
〘名〙 所定の硬貨や紙幣、または、これに代わるカードを挿入して望みのボタンを押すと自動的に物品が出てくる機械装置。乗車券、飲料、タバコなどの販売に使われる。
※あさくさの子供(1939)〈長谷健〉三「うす汚れた男の児たちが、しきりにキャラメルの自動販売器をたたいてゐた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自動販売機」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自動販売機の関連情報

他サービスで検索

「自動販売機」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.