Rakuten infoseek

辞書

自動詞【じどうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

自動詞
じどうし
intransitive verb
動詞を意味のうえで,その動作の直接の対象を必要とするものとないものとに分けたとき,前者を他動詞,後者を自動詞という。文法的には,目的語を従えるのが他動詞で,従えないのが自動詞ということになる。しかし,他動詞でも動作そのものに注目するときには目的語が省かれることもあり,自動詞でも Let's walk it. (歩いて行こう) のように,他動詞的に用いられることもあって,意味のうえからの定義と,文法論的定義とは,必ずしも一致しない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じどう‐し【自動詞】
動作主体の動作・作用が他に及ばないで、それ自身の働きとして述べられる動詞。「を」格の目的語をとることがない。「雨が降る」「花が咲く」の「降る」「咲く」などの類。⇔他動詞

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じどうし【自動詞】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じどうし【自動詞】
その表す動作・作用が他に及ばず、主語自身の動きを表す動詞。「戸を開ける」の「開ける」を他動詞と呼ぶのに対して、「戸が開く」の「開く」の類。西欧語では目的語をとらない・とるなど、自他の別がはっきりと表れるが、日本語では必ずしも明確でない。 ⇔ 他動詞

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

自動詞
じどうし

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じどう‐し【自動詞】
〘名〙
① 英語などで、一般に目的語をとらず、したがって、主客を転換して受動相を作ることのない動詞。自動。〔和蘭字彙(1855‐58)〕
② 日本語の動詞で、「を」格の目的語をとらず、作用が主語自体に止まるものとして述べられる動詞。「水を流す」「家を建てる」における「流す」「建てる」を他動詞というのに対して、「水が流れる」「家が建つ」における、「流れる」「建つ」の類をいう。「歩く」「繁る」など、対立する他動詞のないものもある。「道を歩く」などの「歩く」も、意味を重視して自動詞とする場合が多い。自動。〔小学日本文典(1874)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自動詞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

自動詞の関連情報

他サービスで検索

「自動詞」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.