Rakuten infoseek

辞書

【リン】

デジタル大辞泉

りん【臨】[漢字項目]
[音]リン(呉)(漢) [訓]のぞむ
学習漢字]6年
高い所から見おろす。「君臨照臨
その場、その時に直面する。「臨海臨界臨機臨月臨検臨港臨時臨終臨床臨戦臨場感
高位の人の来訪を敬っていう語。「臨御(りんぎょ)臨幸光臨降臨親臨台臨来臨
手本・原本をそばに置いて見る。「臨画臨写臨書臨摸
「臨時」の略。「臨休
[名のり]み

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のぞ・む【臨】
〘自マ五(四)〙
① 高い所から低い所に向かい対する。
※車屋本謡曲・石橋(1465頃)「遙に、のぞみて谷を見れば、足すさましく肝きえ」
② 君主、治者として、人民、被治者に対する。君臨する。また、予想できる事態に対応した態度で人に対する。
※書紀(720)神武即位前(北野本訓)「且、当に山林を披払(ひらきはら)ひ宮室(をほみや)を経営(をさめつく)りて恭(つつし)むて宝位(たかみくらゐ)に臨(ノソム)て、元元(おほむたから)を鎮(しつ)むべし」
※平家(13C前)四「母后いだいて朝(てう)にのぞむと見えたり」
身分の高い人が、身分の低い人の所に行く。身分の高い人が、ある席に出る。
※書紀(720)神代上(兼方本訓)「請ふ、姉(なねのみこと)、天国(あまつくに)に照(てら)し臨(ノソミ)たまふこと、自(をの)づからに、可平安(さきくま)しませ」
④ その場所に行く。出席する。
※徒然草(1331頃)一六七「一道に携はる人、あらぬ道のむしろにのぞみて」
※太平記(14C後)二七「只今より其座に臨(ノゾミ)候共」
⑤ ある場合にぶつかる。際する。出あう。また、ある状態になる。
※観智院本三宝絵(984)上「形も毎日劣り疲て命ち既にあやふきに望みにたり」
※徒然草(1331頃)一三七「その死にのぞめる事、軍の陣に進めるに同じ」
⑥ 目の前にする。風景や物を前面にする。向かいあう。
※和泉式部集(11C中)上「海にのぞみたる松に、つたの紅葉のかかりたるを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りん【臨】
〘名〙
① のぞむこと。身分の高い者が身分の卑しい者の所に行くこと。また、高い所から低い所を見おろすこと。〔礼記‐曲礼下〕
② 易の六十四卦の一つ。、上卦は坤(地)、下卦は兌(沢)。地沢臨ともいう。坤は順、兌は悦を表わし、和順をもって人に接するさま。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

臨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.