Rakuten infoseek

辞書

膾炙【カイシャ】

デジタル大辞泉

かい‐しゃ〔クワイ‐〕【××炙】
[名](スル)《「膾」はなます、「」はあぶり肉の意で、いずれも味がよく、多くの人の口に喜ばれるところから》世の人々の評判になって知れ渡ること。「人口膾炙する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かいしゃ【膾炙】
スル
林嵩周朴詩集序。膾なますと炙(あぶり肉)は味がよく万人に好まれることから
広く世の人々に知れわたっていること。 人口に-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐しゃ クヮイ‥【膾炙】
〘名〙
① (「膾」はなます、「炙」はあぶりものの意) なますと、小さく切って焼いた肉。〔和英語林集成(初版)(1867)〕〔礼記‐曲礼上〕
② (━する) (なますやあぶりものは、人がいつまでも賞味するところから) 物事が多くの人びとに言いはやされて、広く知れわたること。多く「人口に膾炙する」の形で用いられる。
※鈍鉄集(1331頃)早梅軸「是老逋早梅詩也。調高韻嶮。膾炙詩人口矣」
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉二「此喜遊の伝は其頃巷陌(ちまた)に鱠炙(クヮイシャ)して今尚口碑に残りたり」 〔林嵩‐周朴詩集序〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

膾炙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

膾炙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.