Rakuten infoseek

辞書

膝栗毛【ヒザクリゲ】

デジタル大辞泉

ひざ‐くりげ【膝×栗毛】
膝を栗毛の馬の代わりにして旅をすること。徒歩で旅行すること。
「番組を勤め済まして、あとを―で帰る途中であった」〈鏡花歌行灯
十返舎一九作の滑稽本東海道中膝栗毛」、およびその続編の略称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひざくりげ【膝栗毛】
〔膝を栗毛の馬の代用とする意から〕 徒歩で旅行すること。 「一調の番組を勤め済まして、あとを-で帰る途中であつた/歌行灯 鏡花
十返舎一九作の「東海道中膝栗毛」をはじめとする一連の作品の称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

膝栗毛
ひざくりげ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひざ‐くりげ【膝栗毛】
[1] 〘名〙
① 馬やかごなどの乗り物に乗らないで、徒歩で旅行すること。
※四河入海(17C前)二三「別に求はないぞ。さる程にひさくりけでいくぞ」
② 住所を定めないで諸方を浮浪すること。
[2] 滑稽本。十返舎一九作。主人公彌次郎兵衛・喜多八(北八)が東海道を経て京・大坂を見物するまでの八編が正編「東海道中膝栗毛(浮世道中膝栗毛)」。「続膝栗毛」は、金毘羅・宮島を参詣し、木曾街道善光寺を経て中山道を通り江戸帰着までを扱う一二編。読者の好評にこたえ、享和二年(一八〇二)以後文政五年(一八二二)まで、二一年にわたって書き継がれた。後にも「続々膝栗毛」三編、その他類作を多く書くが、「続膝栗毛」以下は、ややマンネリ化して低調と評されている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

膝栗毛
ひざくりげ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
安政2.3(江戸・市村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

膝栗毛
(通称)
ひざくりげ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
独道中五十三駅 など
初演
文政10.閏6(江戸・河原崎座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

膝栗毛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

膝栗毛の関連情報

他サービスで検索

「膝栗毛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.