Rakuten infoseek

辞書

膀胱鏡【ぼうこうきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

膀胱鏡
ぼうこうきょう
cystoscope
元来は膀胱の中を見て診断するための光学器械である。初めてつくったのは M.ニッツェ (1876) 。その後,数々の改良が加えられ,外筒の先端部に白熱光電球が内蔵された型から,照明を内視鏡用冷光装置からグラスファイバによって先端に導く型に発展してきた。今日では後者がほとんどといってよい。現在では診断用だけでなく,手術用,異物用,砕石用,写真用,教育用など,用途に応じた器械が用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼうこう‐きょう〔バウクワウキヤウ〕【××胱鏡】
尿道口から挿入し、膀胱内を観察する内視鏡。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼうこうきょう【膀胱鏡 cystoscope】
内視鏡一種。現在,臨床的に用いられている膀胱鏡の原型は,1879年ドイツのニッツェMax Nitzeによって作られた。膀胱内を観察し,その診断に用いるものを検査用膀胱鏡という。そのほか逆行性尿管カテーテル用の尿管膀胱鏡,手術に用いる手術用膀胱鏡,膀胱砕石用の砕石膀胱鏡,異物除去用の異物除去膀胱鏡などがある。また年齢によって尿道径が異なるので,小児用膀胱鏡,青年用膀胱鏡などがある。膀胱鏡の構造を大別すると,膀胱内部を観察する内視鏡系(レンズ系)と膀胱内部を照らす照明系とがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

膀胱鏡
ぼうこうきょう
膀胱内の病変を直接観察するための内視鏡。現在もっとも一般的なのは金属管でレンズを包んだ長さ約40センチメートル、太さ7~5ミリメートルのものである。光はグラスファイバーで導かれ、光源は体外に置いておく。形式にはいろいろなものがあるが、現在広く用いられているのは、バーガーヤール式で、膀胱鏡を通して滅菌水を入れ、膀胱内を洗いながら観察できるようになっている。このほかに視野の広い広視野膀胱鏡や、尿管カテーテルを入れるために設計されているカテーテル用膀胱鏡、膀胱の頸部(けいぶ)の見える見返し膀胱鏡、手術用膀胱鏡、小児用膀胱鏡など、各種のものがある。男子用と女子用の区別はとくになく、兼用できる。女子に用いるときは滑剤をつければとくに苦痛なく挿入することができるが、男子に用いるときは尿道粘膜の麻酔を行うほうが苦痛が少ない。また小児、精神病者などでは全身麻酔下に行う場合もある。[河村信夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼうこう‐きょう バウクヮウキャウ【膀胱鏡】
〘名〙 内視鏡の一種。尿道口から挿入し、膀胱の検査および治療に用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

膀胱鏡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

膀胱鏡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.