Rakuten infoseek

辞書

腹芸【ハラゲイ】

デジタル大辞泉

はら‐げい【腹芸】
芝居で、役者がせりふや動作に出さず、感情を内面的におさえてその人物の心理を表現する演技。
はかりごとを言葉や行為に出さず、腹の中で企むこと。また、直接言葉で指示するのではなく度胸や迫力で物事を処理すること。また、そういうやり方。「腹芸のできる政治家」
あおむけに寝た人のの上で芸を演じて見せる軽業(かるわざ)。また、腹に顔などを書き、これを動かして見せる芸。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はら‐げい【腹芸】
〘名〙
① あおむけに寝た人の腹の上で演じる曲芸。また、腹に顔などをえがいて演じる芸。
② 演劇で、役者がしぐさ・せりふを用いず、思い入れでその扮(ふん)する人物の意中を表現すること。
※米国見物(1910)〈正岡芸陽〉紐育着「俳優が訳もなく舞台へ出て踊る、唄を唱ふ、斯うなると日本の腹芸(ハラゲイ)は高いものだ」
③ 自分の意図・意志をことばや行為に出さず、貫祿やすごみによって実現すること。直接的な言動によらず度胸や経験で物事を処理すること。
※熱球三十年(1934)〈飛田穂洲〉次郎さんと富さん「久慈次郎の円転さはなかったが、一種の腹芸(ハラゲイ)を持って常にティームの融和を図った」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腹芸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

腹芸の関連情報

他サービスで検索

「腹芸」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.