Rakuten infoseek

辞書

腹膜炎【ふくまくえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

腹膜炎
ふくまくえん
peritonitis
細菌感染による腹膜炎症。急性のものは,胃潰瘍十二指腸潰瘍で穴があき,内容物が腹腔内にもれた場合に重い症状を示すが,このほか胆嚢炎,虫垂炎腸結核チフスなどの穿孔によるものが多く,子宮周囲炎などの婦人科疾患の波及,また胆嚢,肝臓,膵臓,腎臓などの炎症に続発するものも多い。ほかに外傷によるもの,肺炎菌の血行感染によるものなどもある。おもな症状は腹痛,腹部膨満,嘔吐,腹水や膿の貯留である。慢性のものは,結核と癌に起因することが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふくまく‐えん【腹膜炎】
腹膜の炎症。化膿菌(かのうきん)腫瘍(しゅよう)などによって起こり、急性では虫垂炎などから二次的に起こることも多く、激しい腹痛や嘔吐(おうと)・下痢(げり)などを伴う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

腹膜炎
 腹膜の炎症.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館

ふくまくえん【腹膜炎 (Peritonitis)】
 腹壁(ふくへき)の内側と腹腔(ふくくう)内の臓器の表面をおおっている腹膜(ふくまく)(コラム「腹膜のしくみ」)に炎症がおこるのが腹膜炎です。
 炎症が、腹膜の一部にとどまっているものを限局性(げんきょくせい)腹膜炎、腹膜全体にわたっておこっているものを汎発性(はんぱつせい)腹膜炎(びまん性腹膜炎)といいます。
 腹膜の一部に炎症がおこると、周囲にある大網(たいもう)や腸が取り巻き、炎症が現在以上に広がらないようにします。この防御機構が機能しているうちは限局性腹膜炎の段階でとどまっていますが、力がおよばなくなると、炎症が広範囲に広がり、汎発性腹膜炎になります。
 しかし、限局性腹膜炎の段階を踏まずに、最初から汎発性腹膜炎として発症することもあります。
 また、短時日のうちに急速におこってきたものを急性腹膜炎(「急性腹膜炎」)、いつ発症したのかわからないことが多く、長期間にわたって続くものを慢性腹膜炎(「慢性腹膜炎」)といいます。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版

ふくまくえん【腹膜炎 peritonitis】
腹膜の炎症性疾患をいう。腹膜炎は症状と性質によって,急性と慢性,原発性と続発性に分けられ,原因によって細菌性(化膿性)と非細菌性に,そして病巣の範囲によって汎発性と限局性に大別され,これらがいろいろに組み合わされた形で発症する。腹膜炎のうち,最もよくみられ,しかも重要なのは急性(続発性)汎発性化膿性腹膜炎である。以下,これを含め重要なものについて解説する。
急性汎発性化膿性腹膜炎
 おもな症状は激痛から種々の程度にわたる腹痛で,ときに嘔吐を伴う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふくまくえん【腹膜炎】
腹膜に生じる炎症。急性のものは、膵炎・虫垂炎・胆囊炎などの波及、腸管の穿孔せんこうが原因となることが多い。発熱・腹痛・腹部膨満・腹水・腸管麻痺などが起こり、治療が遅れると急速に全身状態が悪化する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

腹膜炎
ふくまくえん
腹膜腔(くう)の炎症である。炎症の経過によって急性と慢性に、広がりによって汎発(はんぱつ)性と限局性に、他の疾患に引き続きおこったものかどうかで続発性と原発性に、細菌が関与しているかどうかで細菌性と非細菌性とに分ける。たとえば、もっとも頻度が高い虫垂穿孔(せんこう)によるものは、急性続発性汎発性細菌性腹膜炎というように腹膜炎は分類できる。
 症状は腹膜炎の分類に従って多少異なる。もっとも重要な急性化膿(かのう)性腹膜炎では、持続する腹痛と発熱、腹膜刺激症状が強い。早期には腹部は陥凹し、筋性防御も著しいが、経過とともに麻痺(まひ)性イレウスを伴い、腹部は膨満する。脱水に加えて、エンドトキシンの影響も加わり、二次性ショックとなれば致命的である。
 治療は全身状態が良好な早期に緊急手術を行う。術前の全身状態が著しく不良のときには、緊急手術を行うと死亡することが多いので、全身状態を改善できるよう努力し、手術に移る。手術は、感染源の処置、腹膜腔内の滲出(しんしゅつ)液の排除、洗浄、ドレーン設置(ドレナージ)を行う。強力な抗生物質療法、術後の徹底した全身管理など集中治療を行う。予後は発症から手術までの時間に比例しており、遅れるほど予後が悪い。
 限局した腹膜炎は膿瘍(のうよう)の処置に準じ、緊急手術の適応ではない。そのほか急性原発性腹膜炎は抗生物質、慢性腹膜炎(結核性腹膜炎)は抗結核療法が第一選択である。なお、本来の炎症ではないが癌(がん)性腹膜炎は、腹腔(ふくくう)内の癌の腹膜播種(はしゅ)で予後が悪い。[古味信彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腹膜炎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

腹膜炎の関連情報

他サービスで検索

「腹膜炎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.