Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

腹膜のしくみ【ふくまくのしくみ】

家庭医学館

ふくまくのしくみ【腹膜のしくみ】
 腹壁の内側は、薄い膜でおおわれています。この膜を壁側腹膜(へきそくふくまく)といいます。
 また、胃、腸、肝臓胆嚢(たんのう)、膵臓(すいぞう)などの腹腔(ふくくう)内に存在する臓器も薄い膜で包まれています。この膜を臓側腹膜(ぞうそくふくまく)といいます。
 壁側腹膜、臓側腹膜と名称は異なりますが、じつは一続きになった1枚の膜です(図「腹膜のしくみ(腹部の横断面)」)。
 腸を包む腹膜は、2層の膜が向き合った格好をしています。この部分を腸間膜(ちょうかんまく)といいます。
 この腹膜の表面積は、1.7~2m2にも達し、からだの表面積に等しいといわれています。
 壁側腹膜と臓側腹膜との間にはすき間があって、腹膜腔(ふくまくくう)といい、少量のサラサラとした液体漿液(しょうえき))が存在します。この漿液が潤滑油役目をするので、臓器どうしの摩擦(まさつ)が少なくてすむのです。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

腹膜のしくみ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

腹膜のしくみの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.