Rakuten infoseek

辞書

腹腔鏡【ふくくうきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

腹腔鏡
ふくくうきょう
laparoscope
内視鏡の一種。直径7~8cm,長さ 30cm前後の硬性鏡で,肝臓,胆嚢,胃の前壁,小腸および大腸の一部,脾臓などの表面を観察するために用いる。腹腔鏡は皮膚を小切開して挿入するが,あらかじめ腹腔内に 2000~3000mlの空気を注入して,腹壁腹腔内臓器との間にすきまが十分できるようにしておく。腹腔鏡で観察しながら臓器の一部を採取する方法 (生検) は,肝臓癌胆嚢癌の診断とか,肝炎や肝硬変の程度を知るうえに必須のものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふくこうきょう【腹腔鏡】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふっこうきょう【腹腔鏡】
内視鏡の一。腹部にあけた穴より挿入し、腹腔内の臓器の観察、細胞や組織の採取、手術などを行う。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

腹腔鏡
ふくくうきょう
皮膚を小切開して、へそ周囲から腹腔内へ小型の内視鏡カメラを挿入し、観察するために用いる内視鏡の一種。ラパロスコープともよばれ、臨床現場ではラパロと略称される。あらかじめ決まった角度に設定された硬性鏡と、先端が自由に回転してさまざまな観察が容易な電子スコープがある。従来は診断のための検査目的で、肝炎や肝硬変、肝臓癌(がん)や胆嚢(たんのう)癌、腹膜疾患などの生検、婦人科の卵巣や子宮など内性器疾患の検査などに用いられてきた。しかし1987年にフランスの産婦人科医ムレPhilippe Mouret(1938―2008)が腹腔鏡下で胆嚢摘出術を行って以来、欧米で腹腔鏡下手術が急速に普及するようになった。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六訂版 家庭医学大全科

腹腔鏡
(女性の病気と妊娠・出産)

 腹腔とは腹膜に囲まれた閉じられた空間で、下腹部では腸管、子宮、卵巣、卵管がなかにあります。通常は数十ml程度の腹腔内貯留液で満たされています。

 腹腔鏡は腹壁に小さな(あな)をあけて挿入し、腹腔内を観察する内視鏡です。通常は、へその部分を5㎜から1㎝切開してあけた孔から挿入します。腹腔鏡を施行する時には、腹腔内に炭酸ガスを注入することにより十分な空間を作ります。

 子宮を移動させるためには腟から子宮操作鉗子(かんし)を子宮に取り付けます。子宮、卵管などを観察するためには腸管を上腹部に収納する必要があるため、骨盤を高くした体位にします。麻酔は硬膜外(こうまくがい)麻酔でも可能ですが、気管内挿管(そうかん)による全身麻酔にすることが多くなります。腹腔鏡により子宮、卵管、卵巣を直接観察することができます。

 腹腔鏡で観察される画像は大きなモニター画面に鮮明に映し出され、手術室にいる複数の医師などが同時に見ることができます。

 腹腔鏡は、以前は不妊症の検査としての使用が一般的でしたが、最近は手術に使用することがはるかに多くなっています。手術を行う時には、下腹部に別にあけた小さな孔(3~5㎜)からさまざまな手術用の鉗子を挿入し、腹腔鏡で観察しながら手術操作をします。これを腹腔鏡手術といいます。

 腹腔鏡手術では、これまでは開腹手術で行ってきた子宮外妊娠、卵巣嚢腫(のうしゅ)、子宮筋腫、子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)などの多くの婦人科手術を行うことができます。摘出した組織は細かくして回収用のバッグに入れるなどして、腟や腹部にあけた小さな孔から取り出します。不妊症の場合は、腟から子宮に注入した色素水が卵管より流出してくるかを確認することにより、卵管の通過性を検査できます。

 入院期間は、手術の内容によって日帰りから数日間までありますが、いずれにしても開腹手術よりは短期間で退院できます。腹腔鏡手術には、術後の回復が早い、傷が目立たず美容的である、術後の癒着(ゆちゃく)が少ない、などの多くの優れた点があります。一方で、多くの器具を使うために費用がかかり、手術自体も術者が熟練を必要とするという問題点もあります。また合併症として皮下気腫(ひかきしゅ)、腸管の損傷、尿路系の損傷、血管の損傷などが起こりえます。

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腹腔鏡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

腹腔鏡の関連情報

関連キーワード

製材キャンバスアンズタケ(杏茸)インコアナナスカラッパガンゼキラングリスボックシメジ(占地)内印ナメコ(滑子)

他サービスで検索

「腹腔鏡」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.