Rakuten infoseek

辞書

腸カタル【ちょうカタル】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

腸カタル
ちょうカタル
intestinal catarrh
腸のカタル炎症。旧語。腸炎のこと。カタルはギリシア語の cata (下へ) と rhein (流れる) の合成語で,古代ギリシア医学では,まず上気道炎症に注目し,発熱,発赤,粘液の流出をカタル現象としてとらえた。現代では学術上の意義は薄れ,粘膜の炎症に粘液などの滲出物を伴う場合の臨床名となり,カタルもこれに準じ,下痢症状の顕著な腸炎をこう呼ぶことがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちょうカタル【腸カタル】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

腸カタル
ちょうかたる
炎症によって腸粘膜に多量の粘液が付着するカタル性腸炎のことをいう。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐カタル チャウ‥【腸カタル】
〘名〙 (カタルはKatarrh) 腸粘膜の炎症。腹痛、下痢を主症状とし、時に発熱を伴う。原因は細菌感染、または細菌性毒素による場合と、食事の不摂生による場合がある。腸炎。
※風流仏(1889)〈幸田露伴〉六「一日粗造のブランデイに腸加答児起して閉口」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょう‐カタル〔チヤウ‐〕【腸カタル】
腸炎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腸カタル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

腸カタルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.