Rakuten infoseek

辞書

腸を断つ【ハラワタヲタツ】

デジタル大辞泉

腸(はらわた)を断・つ
悲しみに激しく心が痛む。断腸の思いをする。「―・つ気持ちで別れを告げる」
おかしくて大笑いする。
「さしもあさましき最中に人々の皆―・つ」〈盛衰記・三四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はらわたをたつ【腸を断つ】
激しい悲しみに心がはりさける。断腸だんちようの思いをする。
おかしくてたまらず大笑いする。 さしもあさましき最中に人人皆-・つ/盛衰記 34

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はらわた【腸】 を 断(た)
① 悲しみに堪えられないさまにいう。はらわたを絞る。腸。
※和漢朗詠(1018頃)下「江は巴峡より初めて字をなす 猿は巠陽を過ぎて始めて(はらわた)を断つ〈白居易〉」
② おかしさに堪えられないで大笑いをする。はらわたを切る。
※源平盛衰記(14C前)三四「裸にて野中の卒都婆の様にて立給へり。さしも浅増(あさまし)き最中に、人々皆腸(ハラワタ)を断(タツ)
から感動させる。
※洒落本・通言総籬(1787)叙「総籬は善(よく)花街に通じて然も花実相対(あいたいし)真に腸(ハラハタ)を断(タツ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腸を断つ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

腸を断つの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.