Rakuten infoseek

辞書

腰高【こしだか】

盆栽用語集

腰高
根元から一のまでが長いこと。文人木などによく見られ、それが飄逸な魅力となることもあるが、普通は見る者に不安定だと感じさせるものが多い。

出典:(株)近代出版
Copyright(C)2009 Kindai Shuppan co., ltd All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こし‐だか【腰高】
[名]
腰の高い塗り椀の称。高坏(たかつき)など。
器物や建具などの腰の部分を普通よりも高く作ったもの。
[名・形動]
人の腰の位置が高すぎて、構えが不安定なこと。また、そのさま。「腰高に仕切る」
態度の横柄であること。また、そのさま。「腰高話し振り

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こしだか【腰高】
腰の高い器物。高坏たかつきなどにいう。
「腰高障子」の略。
名 ・形動 [文] ナリ 
腰を十分に下ろさない、不安定な姿勢である・こと(さま)。 -な構え
横柄なさま。尊大なさま。 -な言い方

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こし‐だか【腰高】
〘名〙
① (土器の下に檜(ひのき)の木の輪を台にした形をまねて作ったもの) 腰の高い塗椀(ぬりわん)の称。高坏(たかつき)など。
雑俳柳多留‐三(1768)「なり下りこし高抔(など)へ醤油(しゃうゆ)のみ」
器物障子などのの部分が高くつくられていること。また、そのもの。
滑稽本浮世床(1813‐23)初「こし高のたらひへ湯をくみさかやきをもんでゐる」
③ (形動) 人の腰の位置が高いこと。かまえた時などに腰のすわりが不安定なさま。
風姿花伝(1400‐02頃)一「体もこしたかになれば、かかりうせて、すぎし比の、声(こゑ)もさかりに」
④ (形動) 他人に対しておうへいな態度をとること。いばっているさま。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腰高」の用語解説はコトバンクが提供しています。

腰高の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.