Rakuten infoseek

辞書

腰挿(し)/腰差(し)【コシザシ】

デジタル大辞泉

こし‐ざし【腰挿(し)/腰差(し)】
腰にさすこと。また、腰にさして持ち歩くもの。矢立ての類。
褒美として賜る、巻いた絹。腰にさして退出するのでいう。こしづけ。わきざし。
「白き細長一襲(ひとかさね)、―などまで次々に賜ふ」〈・若菜上〉
腰刀(こしがたな)
腰小旗(こしこばた)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腰挿(し)/腰差(し)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

腰挿(し)/腰差(し)の関連情報

他サービスで検索

「腰挿(し)/腰差(し)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.