Rakuten infoseek

辞書

腰巾着【コシギンチャク】

デジタル大辞泉

こし‐ぎんちゃく【腰巾着】
腰につける巾着。
いつも、ある人の身辺を離れないで付き従っている人。現代では多く、目上の人に付き従い、御機嫌をとる者をあざける気持ちでいう。「部長の腰巾着

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こしぎんちゃく【腰巾着】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こしぎんちゃく【腰巾着】
腰に下げる巾着。
いつも年長者や目上の人などのそばにまつわりついて離れない人。 「社長の-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

腰巾着
こしぎんちゃく
金銭や守り札、薬その他の小物を入れ、腰に下げて携行する巾着。江戸時代初期、女子は鼻紙袋として巾着を持ったが、男子はこれを腰に下げて用いた。このことから、つねにだれかの傍らに付き添って歩き、用を足したり、目上の人の機嫌をうかがったりする者を腰巾着というようになった。また腰巾着は、帯に挟んで腰に下げるのに便利で、落ちないように紐(ひも)の先に根付(ねつけ)をつけるが、これから腰巾着の者たちを根付衆とよぶようになった。[佐藤農人]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こし‐ぎんちゃく【腰巾着】
〘名〙
① 腰に付ける巾着。
※俳諧・類船集(1676)禰「ねらふ。獣狩、的矢(まとや)〈略〉猫の鼠・鷺か(どぢゃう)・腰巾着(コシギンチャク)
② いつもある人につき従ってそばを離れない者。現在は、多く、目上の人の御機嫌をうかがいながら、つき従っている者についていう。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「私が湯へ来るにも腰巾着(コシギンチャク)だ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腰巾着」の用語解説はコトバンクが提供しています。

腰巾着の関連情報

他サービスで検索

「腰巾着」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.