Rakuten infoseek

辞書

脳神経【のうしんけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

脳神経
のうしんけい
cranial nerves
脳から出る末梢神経神経脊髄から出る末梢神経を脊髄神経という。脳神経は以下の 12対の神経から成る。 (1) 嗅神経,(2) 視神経,(3) 動眼神経,(4) 滑車神経,(5) 三叉神経,(6) 外転神経,(7) 顔面神経,(8) 内耳神経,(9) 舌咽神経,(10) 迷走神経,(11) 副神経,(12) 舌下神経

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のう‐しんけい〔ナウ‐〕【脳神経】
脳から出入りする末梢神経。12対あり、嗅(きゅう)神経視神経動眼神経滑車神経三叉(さんさ)神経外転神経顔面神経内耳神経舌咽(ぜついん)神経迷走神経副神経舌下神経で、に第一~第十二脳神経ともよぶ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

脳神経
 脳から出る12対の末梢神経.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のうしんけい【脳神経 cranial nerves】
中枢神経(すなわち脳と脊髄)に出入する末梢神経のうち,脳に出入するものをいう。ヒトや多くの哺乳類では12対ある。 第1脳神経は嗅(きゆう)神経nervi olfactoriiで,脳の先端にある嗅球に入る。鼻腔上部の嗅細胞(嗅覚刺激に応じる感覚細胞)の突起が直接脳に到達している点が特徴的である。 第2脳神経は視神経nervus opticusである。網膜神経節細胞軸索で部分交差して間脳や中脳に達する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

のうしんけい【脳神経】
脳から脊髄を経ず直接末梢に分岐する神経。嗅神経・視神経・動眼神経・滑車神経・三叉神経・外転神経・顔面神経・内耳神経・舌咽神経・迷走神経・副神経・舌下神経の12種類の神経が左右一対ずつある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

脳神経
のうしんけい
脳から出入する神経をいう。すなわち、延髄から前頭葉にかけて、その底部から出入する神経で、前方から順に第1脳神経から第12脳神経まで12対が配列している。各対の脳神経には、それぞれ次のような固有の名称がつけられている。(1)嗅(きゅう)神経、(2)視神経、(3)動眼神経、(4)滑車神経、(5)三叉(さんさ)神経、(6)外転神経、(7)顔面神経、(8)内耳神経、(9)舌咽(ぜついん)神経、(10)迷走神経、(11)副神経、(12)舌下神経。このうち、第4脳神経の滑車神経だけは脳の背側部分から出るが、その他の11対はすべて脳の腹側から出入りする。
 脳神経は頭蓋(とうがい)骨底にあるいろいろな開口部や孔を通って頭蓋骨の外に出る。脳神経は脊髄(せきずい)神経と異なり、感覚神経線維あるいは運動神経線維だけで構成されるものもあれば、両者が混合しているものもある(脊髄神経は混合神経)。運動性の脳神経の場合、その起始細胞は脳幹部にあるが、感覚性の脳神経では、その起始細胞が脳の外部に存在し、その神経細胞からの求心線維が脳に入る。[嶋井和世]

それぞれの脳神経

(1)嗅神経 嗅覚を伝える神経。鼻腔(びくう)上部の粘膜内にある嗅細胞という感覚細胞から出る20本ほどの細い神経線維で、頭蓋底の篩骨(しこつ)篩板の孔を通って前頭葉下面の嗅球に入る。嗅細胞は一種の感覚細胞であるが、こういう感覚細胞から出た線維が脳に直接入るのは、ヒトではこの細胞だけである。
(2)視神経 視覚を伝える神経で、網膜内の神経節細胞の求心線維束である。
(3)動眼神経 中脳の動眼神経核の細胞から出る神経線維で、眼球を動かす眼筋のうち、上眼瞼(じょうがんけん)挙筋、上直筋、下直筋、内直筋、下斜筋を支配する運動神経線維が主体となる。瞳孔(どうこう)の収縮に関係する副交感神経も動眼神経のなかに含まれている。
(4)滑車神経 中脳の滑車神経核から出る神経線維で、眼筋の上斜筋に分布する運動神経である。
(5)三叉神経 脳神経のうちではもっとも太い神経で、橋(きょう)の外側中央部から出入りする。感覚神経と運動神経からなる混合神経である。
(6)外転神経 橋背部の外転神経核から出て、橋と延髄の境でその内側から脳を去り、上眼窩(がんか)裂から眼窩に入る運動神経で、眼球の外側直筋を支配する。この筋の収縮により、眼球は外側に向く。
(7)顔面神経 橋と延髄の境から出る。顔面の表情筋に分布する運動神経が主体で、その神経線維は延髄の顔面神経核から出る。顔面神経は、このほか、唾液(だえき)分泌神経(中間神経)を含む。
(8)内耳神経 顔面神経と並んで延髄に入る(旧学名は聴神経)。側頭骨内にある前庭神経節や蝸牛(かぎゅう)神経節の神経細胞からの求心性の神経、すなわち、前庭神経と蝸牛神経とで構成される混合神経である。前庭神経は内耳の三半規管・卵形嚢(のう)・球形嚢に終わり、平衡感覚を伝える。蝸牛神経は同じく内耳の蝸牛管にあるコルチ器に終わり、聴覚を伝える。
(9)舌咽神経 延髄の外側部から出る、知覚・運動・味覚を伝える混合神経である。すなわち、舌の味覚線維、咽頭・中耳粘膜の知覚線維、一部の咽頭筋を支配する運動線維、および耳下腺(せん)の分泌を調節する副交感性線維から構成される複雑な神経である。
(10)迷走神経 延髄の迷走神経背側核からの神経線維で、延髄外側から出ているが、古くはその分布が明らかでなかったため、迷走神経の名がつけられた。脳神経のうちではもっとも分布範囲が広い。迷走神経は主として副交感性混合神経で、その分布は頭部、頸部(けいぶ)、胸部、腹部に及ぶ。頭部では脳硬膜のほか、耳介・外耳道の皮膚に分布する。頸部では咽頭・喉頭(こうとう)の粘膜や筋に分布する。喉頭の粘膜と筋に分布する迷走神経の枝の反回神経は、臨床上、麻痺(まひ)の対象となる神経で、発声運動の障害、嗄(さ)声などの症状の原因となるので重要な神経とされる。胸部では心臓、肺臓に枝を送るほか、気管、気管支、食道に分布する。腹部では大腸下部と骨盤内器官以外の腹部臓器に枝を送っている。
(11)副神経 運動神経で、一部は延髄(延髄根)、一部は脊髄(脊髄根)から出て1本になり、僧帽筋と胸鎖乳突筋とを支配する。
(12)舌下神経 延髄下端部にある舌下神経核から出て、延髄錐体(すいたい)とオリーブ(延髄錐体の外後側にある長楕円(ちょうだえん)形の膨らみ)との間から延髄を去り、固有の舌筋と、一部の舌付属筋、舌骨下筋群を支配する運動神経である。
 脳神経が12対あるのは爬虫(はちゅう)類以上の動物で、円口類は8対、魚類・両生類は10対である。古代医学において解剖学の大家であったガレノスは7対の脳神経を考えた。その後、17世紀のイギリスの脳解剖学者ウィリスT. Willisは10対の脳神経を数えている。現在のように脳神経を12対としたのはドイツの解剖学者ゼンメリンクS. T. von Smmeringといわれている。[嶋井和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のう‐しんけい ナウ‥【脳神経】
〘名〙 脳幹部から出る一二対の末梢神経。第一=嗅神経、第二=視神経、第三=動眼神経、第四=滑車神経、第五=三叉神経、第六=外転神経、第七=顔面神経、第八=内耳神経、第九=舌咽神経、第一〇=迷走神経、第一一=副神経、第一二=舌下神経の総称。主として顔、頭部を支配する神経であるが、迷走神経は内臓各器官に分布している。脳髄神経。〔医語類聚(1872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脳神経」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脳神経の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.