Rakuten infoseek

辞書

脳動脈硬化症【のうどうみゃくこうかしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

脳動脈硬化症
のうどうみゃくこうかしょう
cerebral arteriosclerosis
脳底部の太い脳動脈に現れるものと細動脈に現れるものに分けられる。前者は脳底部動脈瘤の原因やクモ膜下出血に関連するが,後者の細動脈部にしばしば現れる血管壊死などは,動脈硬化症というよりは老人性変性とみられるものが多い。脳出血の原因として重視されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のうどうみゃくこうか‐しょう〔ナウドウミヤクカウクワシヤウ〕【脳動脈硬化症】
脳動脈に動脈硬化が起こり、血行障害が生じて、めまい物忘れ・手足のしびれ・頭痛・耳鳴りなどの症状を呈する病気。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

脳動脈硬化症
のうどうみゃくこうかしょう
この疾患の臨床概念は一定せず、最近ではこのような漠然とした診断名は用いないほうがよいとされている。その理由は、脳動脈硬化が存在しても臨床症状を示すとは限らず、神経症状が出現するときは、むしろ小さな脳梗塞(こうそく)が点在する多発性小梗塞あるいは多発性梗塞痴呆(ちほう)と診断したほうがよいと考えられるからである。しかし、高齢者で、頭痛、頭重、のぼせ、めまい、手足のしびれ、物忘れ、疲労感を訴え、精神症状として見当識(時・所・人ならびに現在の状況を正しく了解する能力)、計算力、知能の低下を示すが、病識は保たれ、人格の崩壊はなく認知症とまではいかない患者を「いわゆる脳動脈硬化症」と診断する医師もいる。[荒木五郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脳動脈硬化症」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脳動脈硬化症の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.