Rakuten infoseek

辞書

脈/脉【ミャク】

デジタル大辞泉

みゃく【脈/×脉】
動物の体内で血液が流通する管。血管。
脈拍。「―が乱れる」
《医師が患者の脈拍をみて病状を診断するところから》先の望み。見込み。
「そうすれば又…―を取りかえす工夫もあるだろう」〈独歩・第三者〉
ひとつづきになっているもの。筋道。「の―をたどる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みゃく【脈】[漢字項目]
[音]ミャク(呉)
学習漢字]4年
血液の流れる管。「脈拍気脈静脈動脈
脈拍。「脈動死脈平脈
漢方で、気血の通う道。つぼを結ぶすじ道。「督脈任脈
筋をなして連なり続くもの。「脈絡一脈金脈語脈鉱脈山脈支脈水脈文脈命脈葉脈乱脈
連なり続くさま。「脈脈
[補説]「脉」は異体字。
[難読]水脈(みお)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

結晶質の物質で埋められた裂罅(れっか)(fracture)または微裂罅(microfracture).脈は二次的な開いた割れ目に狭い斜に切った状態で形成される.脈は平板状の物体で,二次元的に長く,岩石の中の割れ目に沿って形成されるが,どこかで薄く消滅する.脈の物質は,貫入したマグマからか,熱水溶液からか,隣接する岩石を交代したか,隣接の岩石から染み出したかのいずれかによって形成される[Agricola : 1561, Park & MacDiarmid : 1964].ラテン語venaは脈の意味.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

 脈拍ともいう.心臓の拍動.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みゃく【脈】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みゃく【脈】
脈拍。 「 -をうつ」
細長く続いているもの。 「山-」
鉱脈。 「同じ-をそれ以上掘る徒労を省いた/明暗 漱石
生物の、体液が通る管。血管。
将来の見込み。望み。 「彼はまだ-がある」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みゃく【脈】
【脈】 [音] ミャク
血管。 「血脈・静脈・動脈」
血管から感じられる心臓の動き。 「脈動・脈拍・脈搏みやくはく
すじみち。 「脈絡・語脈・文脈・乱脈」
一すじにつづいているもの。 「鉱脈・山脈・支脈・人脈・水脈・葉脈」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みゃく‐・す【脈】
[1] 〘他サ変〙 脈を調べて診察する。
※随筆・胆大小心録(1808)一四四「我がとも何がしといふ医師、折ふしまん所に脈しに参りあひて」
[2] 〘自サ変〙 脈がうつ。また、点滅する。
※形影夜話(1810)上「脈する所の腕後三部といふものも、即心より出せるなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脈/脉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脈/脉の関連情報

他サービスで検索

「脈/脉」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.