Rakuten infoseek

辞書

脈を引く【みゃくをひく】

精選版 日本国語大辞典

みゃく【脈】 を 引(ひ)
※歌舞伎・阿国御前化粧鏡(1809)四立「お国御前が寝間近く差寄りを引く事あり」
② 見込みがあるかどうかを探る。それとなく相手の心を探る。相手の気を引く。
※雑俳・雲鼓評万句合‐寛延二(1749)「狐の脈を強飯で引」
③ あるものを源として、そこから受けつぐ。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉七「芝崎なる町名は素(も)と大手町停留場の辺を神田郷芝崎村と称したのから脈(ミャク)を引(ヒ)いて居る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脈を引く」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脈を引くの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.