Rakuten infoseek

辞書

脇方【ワキカタ】

デジタル大辞泉

わき‐かた【脇方】
能楽師のうち、ワキワキヅレを専門に務める者。また、その家柄進藤春藤福王高安宝生の五流があったが、進藤・春藤は廃絶した。→シテ方
[補説]ふつう「ワキ方」と書く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

わき‐かた【脇方】
〘名〙
① 能楽で、専らワキ、ワキヅレを演ずる役者。
※日本‐明治三八年(1905)二月二二日「目下能楽界脇方として老錬無二の称ありし宝生金五郎氏は」
② 能楽で、専らワキを勤める資格のある家筋。江戸時代には、春藤・福王・進藤・高安・宝生(下掛り)の五流があり、それぞれシテ方諸流の座付きであったが、春藤・進藤は明治以降廃絶した。現在では福王・宝生・高安の三流があり、どの流派の相手をも勤める。
③ 脇の方。別の方面。
※颶風新話(航海夜話)(1857)初「今日は脇方へ行かねばならぬ事があるで」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脇方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脇方の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.