Rakuten infoseek

辞書

脇往還【わきおうかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

脇往還
わきおうかん
脇街道ともいう。江戸時代五街道などの本街道に対して,それ以外の街道をさした語。水戸路,中国路,美濃路,伊勢路例幣使街道,善光寺道などが有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

わき‐おうかん〔‐ワウクワン〕【脇往還】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わきおうかん【脇往還】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

わきおうかん【脇往還】
江戸時代、五街道などの本街道以外の支街道。水戸街道・中国路など。脇街道。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

脇往還
わきおうかん
五街道以外の街道。脇街道、脇道などともいう。五街道に準じるような街道から、地域間の街道に至るまでその範囲は広く、主要脇往還としては伊勢路(いせじ)、中国路(山陽道)、佐渡路、長崎路、北国(ほっこく)路、松前道(まつまえみち)(奥州道中(おうしゅうどうちゅう)の延長)、羽州(うしゅう)街道などがある。とくに関東平野は縦横に脇往還が走り、おもなものに、近世初期に重要な地位を占めた中原街道、東金(とうがね)街道はじめ、大山(おおやま)、成田(なりた)、川越(かわごえ)街道などがある。幕末には沿岸防備のため、房総(ぼうそう)、三浦半島沿岸の街道が重視された。運賃の規定はあったものの、物資輸送組織は整備されていない場合が多かった。[山本光正]
『中国新聞社編『山陽路四十八次』(1973・新人物往来社) ▽藤沢晋著『近世封建交通史の構造的研究』(1977・福武書店) ▽山本光正著『成田街道』(1987・聚海書林) ▽笹沼正巳他著『川越街道』(1986・聚海書林) ▽古島敏雄著『江戸時代の商品流通と交通』(1951・御茶の水書房) ▽桑原孝著『三国の歴史』(1966・野島出版) ▽風間観静著『改訂増補奥州街道宿駅制の研究』(1966・巖南堂) ▽飯沼寅治著『改訂増補奥州宿駅街道の時代的変遷』(1966・巖南堂) ▽長井政太郎著『山形県交通史』(1976・不二出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

わき‐おうかん ‥ワウクヮン【脇往還】
〘名〙 江戸時代、本街道である五街道以外の支街道。日光御成街道・例幣使街道・水戸路・伊勢路・佐渡路・中国路・北国路などは、その主なもの。脇街道。
※御触書天明集成‐三三・明和四年(1767)一二月「脇往還其外之村々にて宿を取候旅人煩候はば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脇往還」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脇往還の関連情報

他サービスで検索

「脇往還」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.