Rakuten infoseek

辞書

脇差【わきざし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

脇差
わきざし
太刀 (たち) または打刀 (うちがたな) に対応する小型の刀で,長さ約 30~60cmのもの。通常腰の脇に差したことからこの名がある。鎌倉時代以前の太刀は腰に差すものではなく,刃を下に向け,鞘 (さや) についている帯取りの緒で腰につるした。これを佩 (は) くといったが,同時に太刀より小型の刀を太刀に添えて腰に差すことがあった。これは腰刀 (腰差) と呼ばれ,懐刀 (ふところがたな) ,守刀と同じである。室町時代以後,刃を上にして腰に差す打刀が太刀に代ったため,腰のものは大小2本となり,そのうち小刀のほうを脇差,2本一組にして差すことを「大小」といった。江戸時代には脇差は約 60cm以下とされ,武士以外にもこれの1本差しは道中差などのように許されていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

わき‐ざし【脇差/脇指】
武士が腰に差す大小2刀のうち、小刀の称。
腰刀。
近世、町民などが道中のときに護身用に腰に差した刀。武士の大刀と小刀の中間の長さ。道中差し。
腰挿し2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わきざし【脇差】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

脇差
わきざし
脇指とも書く。現在では刀長30センチメートル以上、60センチメートル未満の刀剣をいう。一般に大小拵(こしらえ)のうち小のほうをいい、脇差の名称は近世になってからである。室町時代までは打刀(うちがたな)(大小拵の大に類するもの)も寸法が短く、また大腰刀(おおこしがたな)の呼称もあるなど、とくに脇差としての様式的な特徴はない。しかし、「脇差之剣也」「脇差の太刀」などのことばがあることから、太刀(たち)に添えて差したものと推測される。打刀と脇差の柄巻(つかまき)、鞘(さや)塗を同じにこしらえて大小拵としたのは桃山時代以後で、江戸時代に入ると「刀は二尺八、九寸、脇差は壱尺八寸を限とすべし」という禁令が出された。
 普通55センチメートル以上を大(おお)脇差、40~45センチメートルのものを小脇差といい、鎬造(しのぎづくり)や平(ひら)造のものが多い。道中差、祝い差なども脇差であり、短刀とともに武士以外でも帯刀を許され、町人の一本差として刃を上に向けて差した。[小笠原信夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脇差」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脇差の関連情報

他サービスで検索

「脇差」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.