Rakuten infoseek

辞書

脇坂安元【わきざか やすもと】

美術人名辞典

脇坂安元
信濃飯田藩主。武家淡路守。安治の男。通称甚太郎。号八雲軒。従五位下。和歌を能くし、和漢書籍数千巻を蔵する。承応2年(1653)歿、70才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

脇坂安元 わきざか-やすもと
1584-1654* 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)12年3月4日生まれ。脇坂安治(やすはる)の次男。関ケ原の戦いで父とともに徳川方に内通元和(げんな)元年伊予(いよ)(愛媛県)大洲(おおず)藩主脇坂家2代となる。大坂夏の陣戦功により,3年5万5000石に加増されて信濃(しなの)(長野県)飯田に転封(てんぽう)。下館城守衛,朝鮮使節の接待などをつとめる。承応(じょうおう)2年12月3日死去。70歳。初名は亨。通称は甚太郎。著作に「下館日記」「在昔抄」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

367日誕生日大事典

脇坂安元 (わきざかやすもと)
生年月日:1584年3月4日
江戸時代前期の大名
1654年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脇坂安元」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脇坂安元の関連情報

他サービスで検索

「脇坂安元」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.