Rakuten infoseek

辞書

能阿弥【のうあみ】

美術人名辞典

能阿弥
室町中期の画家連歌師中尾、名は真能、号を秀峰・春鴎斎等、能阿弥は通称。芸阿弥の父、相阿弥父。書画鑑定連歌、香道、座敷飾等に精通し、将軍足利義教・義政に同朋衆として仕える。また北野連歌会所奉行となった。宗祗が選んだ『竹林抄』の連歌七賢の一人。文明3年(1471)歿、75才。(一説に明応3年(1494)歿、98才)

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

のうあみ【能阿弥】
[1397~1471]室町中期の画家・連歌師。阿弥派の祖で、三阿弥の一人。真能とも称した。号、秀峰。将軍足利義教義政に仕えた同朋衆で、水墨画・連歌・花道・香道のほか、唐物の鑑定や屋敷飾りなどで活躍。「君台観左右帳記(くんだいかんそうちょうき)」の者と伝える。作「白衣観音図」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

能阿弥 のうあみ
1397-1471 室町時代の画家,連歌師,茶人。
応永4年生まれ。将軍足利義教(よしのり)・義政の同朋(どうぼう)として唐物(からもの)の鑑定にあたり,水墨画・茶道・香道・連歌にも通じた。連歌では,宗祇(そうぎ)により七賢のひとりにあげられている。子の芸阿弥,孫の相阿弥とともに三阿弥とよばれる。文明3年8月死去。75歳。姓は中尾。法名は真能。号は春鴎斎,秀峰。著作に「能阿句集」,作品に「白衣観音図」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

のうあみ【能阿弥】
1397‐1471(応永4‐文明3)
足利義政に仕えた同朋衆(どうぼうしゆう)の一人で,幕府関係の芸能全般に幅広く活躍した。真能ともいう。その職は子の芸阿弥,孫の相阿弥に継承され,阿弥派もしくは三阿弥の祖として知られる。連歌,香,作画に長じ,唐物の鑑定,表具,座敷飾の実務・指導を行っている。伝真能作の水墨画には真・行両体があり,応仁2年(1468)の年紀のある《白衣観音図》が基準作である。《連歌巻》(天理図書館)には能阿弥の款記(かんき)と紙継ぎ部分に〈秀峰〉印があり,真能のほかに秀峰と号した有力な手がかりとされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

のうあみ【能阿弥】
1397~1471 室町中期の連歌師・画家。真能とも。もと朝倉家の武士。将軍足利義教・義政の同朋衆どうぼうしゆう。連歌七賢の一人。子の芸阿弥、孫の相阿弥とともに三阿弥と呼ばれる。著「君台観左右帳記」(伝)、「能阿句集」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

能阿弥
のうあみ
[生]応永4(1397)
[没]文明3(1471).8. 長谷
室町時代の画家,同朋衆,連歌師。姓は中尾,名は真能,通称能阿弥。足利義教,義政に仕えて書画の管理,表装,鑑定,座敷飾りなどを担当するかたわら,連歌,香道,画技にすぐれた。連歌は七賢の一人に数えられる。周文を師として水墨画を学んだと伝えられ,永享8 (1436) 年以降活躍の記録が残る。能阿弥筆の『瀟湘八景図巻』は,松雪全果が応仁2 (68) 年に入明した際にたずさえたもので,明の文人による題詩が付されている。遺品の『白衣観音図』は子の周健の剃髪を記念して描いた応仁2年の作。著書に足利義満以来の将軍家蔵画を記した『御物御絵目録』1巻がある。子の芸阿弥,孫の相阿弥も同様の活躍をし,合せて三阿弥あるいは阿弥派と呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

能阿弥
のうあみ
1397〜1471
室町中期の画家。東山流茶道の祖
名は真能 (しんのう) 。足利義教 (よしのり) ・義政に仕え,幕府所蔵の書画骨董の管理をつかさどる。特に水墨画に長じ阿弥派の祖。茶道では書院飾りの法式を考案し,台子 (だいす) 飾り様式を定めた。東山流は禅宗風に小笠原流礼法を加えた貴族向き流派で,三阿弥で完成され,千利休に吸収された。また立花 (りつか) も巧みで,作庭や連歌にも活躍した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

能阿弥
のうあみ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能阿弥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

能阿弥の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.