Rakuten infoseek

辞書

能舞台【のうぶたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

能舞台
のうぶたい
能および狂言を演じるための舞台。総ひのき造り。本舞台は,京間3間 (約 6m) 四方で,四隅に太い柱が立つ。向って左正面先が目付柱,奥がシテ柱,右正面先がワキ柱 (大臣柱ともいう) ,奥が笛柱で,破風造り檜皮 (ひわだ) ぶきの屋根をかける。奥に後座 (あとざ) があり,後座から左方斜めに橋懸りと呼ぶ勾欄 (こうらん) 付きの渡り廊下がかけられ,本舞台と楽屋とを結び,鏡の間に通じる。境を幕口といい,五色の揚幕をかける。鏡の間には大きな姿見がある。橋懸りの外側には,手前より一の松二の松三の松と若松が植えられている。舞台正面先 (正先) に3段の白州梯子をかける。本舞台の右側には勾欄をめぐらした地謡座がつく。ワキ柱のそばが脇座。正面奥の鏡板 (松羽目) には,大きな古松を描く。舞台と見所 (けんしょ) とは白州をへだててつながり,観客は一般に正面と脇正面 (脇座,地謡座の正面) と,その中間の中正面から見物する。地裏 (地謡座の裏) にも見物席があるところがある。舞台の床下には音の共鳴のために瓶を吊る。後座には囃子座後見座があり,右奥角に切戸口があり,後見が出入りする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のう‐ぶたい【能舞台】
能・狂言を演じるための舞台。板張りで、三方を開け放した三間四方の本舞台、後座(あとざ)・橋懸かり・鏡の間などからなり、屋根がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能楽事典

能舞台
能舞台は、もともと屋外に作られており、現在のように舞台と観客席とが大きな一つの建物の中に入った「能楽堂」という形になったのは明治以降のことです。
薪能・奉納能などに代表されるように、能は本来、何処でも上演が可能ですが、演目などによっては、本格的な舞台での上演が理想的である場合もあります。
・また、ホールでの上演では、ステージ上に仮設舞台を設置して上演します。
・舞台は、客席に向かって大きく斜め前に張り出した形になった独特のもので、見所(観客席のこと)の位置によって、「正面」や「中正面」、「脇正面」などのブロックに
分かれています。

出典:社団法人能楽協会

世界大百科事典 第2版

のうぶたい【能舞台】
能および狂言を演じるための舞台。
[沿革]
 発生当時の能には常設・専用の舞台はなく,演能のたびごとに組み立てたり,社寺の拝殿や舞楽舞台を転用したり,もっと古くは境内の庭上に筵(むしろ)や板を敷いて舞台にしていたらしい。現在も,奈良市春日若宮御祭の後宴の能では春日社の土壇形式の土舞台の上に所作台を敷いて演能が行われるが,古い形式を残すものである。ほぼ現行のような舞台の様式が整うのは,だいたい16世紀後半(室町末期)と考えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

のうぶたい【能舞台】
能・狂言の専用舞台。舞台・後座・橋懸かり・鏡の間などから成る。舞台は太い四本の柱に囲まれ、三方をあけ放した三間四方の竪板張りの建築で、屋根がある。正面前方には階段があり、右方は勾欄こうらんをめぐらす。左手楽屋から舞台に通じる廊下を橋懸かりといい、その出入り口に揚げ幕をつり、板張りの鏡の間と隔てる。床下には足踏みの音を共鳴させるために瓶かめを置く。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

能舞台
のうぶたい
能および狂言を演じるための専用の舞台。今日では、能舞台と観客席を一つの建物に収めた「能楽堂」という形態が普通になっているが、建物の中に能舞台自身の屋根をもち、舞台そのものは野外に独立して設けられていた時代の様式を残している。観阿弥(かんあみ)・世阿弥(ぜあみ)の能の大成期前後の舞台は、今日も伝わる奈良興福寺の薪能(たきぎのう)や、春日(かすが)若宮の御社上(ごしゃのぼ)りの能にみるように、野天であったり、寺社の拝殿などを利用したものであろう。世阿弥の『申楽談儀(さるがくだんぎ)』には、当時の勧進能の仮設舞台を取り囲む桟敷(さじき)数の標準を62~63間と記してあり、一桟敷が五尺(京間)とあるから、直径約20間(約40メートル)ほどのコロシアム風の興行場までつくられたことがわかる。
 現存最古の舞台は、京都の西本願寺北能舞台(国宝)である。1581年(天正9)建造のもので、能のマニア豊臣(とよとみ)秀吉の演技顧問であった下間少進(しもつましょうしん)が徳川家康から拝領し、のち本願寺に移したもので、入母屋造(いりもやづくり)の簡素で美しい舞台である。間口より奥行が深く、床の張り方も現在とは異なり、地謡座(じうたいざ)はあとからの増築と思われることから、能舞台様式の完成直前であったことがわかる。同寺の南能舞台は伏見(ふしみ)城の遺構と伝える。厳島(いつくしま)神社の能舞台は江戸時代の改修を経ているが、1568年(永禄11)創建といわれ、海上の能舞台という点に特色がある。江戸時代には江戸城本丸の表舞台を基準とし、ほかの舞台は大名の格式などによって様式が定められるに至った。観客席は別棟の建物であり、大気を隔てて能と狂言が鑑賞された。町入(まちいり)能と称して幕府の祝事、法会の際に限って町人の陪観を許し、1回500人、1日に10組を野天の白洲(しらす)に入場させたこともある。降雨のときの用意に傘を各自に下付したという。夜間などの屋内の能は、座敷に舞台をしつらえて演じられた。西本願寺では、第二次世界大戦後になって、畳の下につくられた桃山時代の座敷舞台が発見され、演能が行われた。この座敷能の形は、民家に臨時の能舞台をつくり、神を迎えて徹夜の能を捧(ささ)げる、山形県の農民による黒川能に継承されている。また、佐渡は民衆による能の盛んな所で、60ほどの能舞台が残っている。
 能舞台と楽屋、見所(けんしょ)(見物席)を屋内に収めた能楽堂は、1881年(明治14)の東京の芝紅葉山(もみじやま)の芝能楽堂以来の形式である。ここ100年余りの新しい様式である能楽堂は、江戸時代の家元の舞台における稽古(けいこ)能を非公式に公開していた形を受け継ぎ、現在も流儀または流儀の有力者による経営も多いため、鑑賞の場としてよりも稽古舞台としての性格が強く、完成された姿とは考えにくい。照明や音響、空間処理など、劇場としては不適格な要素も多い。1983年(昭和58)に開場し、46億円の巨費を投じた国立劇場能楽堂も、その延長線に発想がとどまり、演技空間、鑑賞空間として不満が残る。一方、桟敷のままの金剛能楽堂、銕仙(てっせん)会能楽研修所舞台などは、逆に親しく好ましい能楽堂とされている。しかし、開放的な野外の能楽堂が屋内へ移され、近距離から見るようになったため、演技のきめの細かさが要求されるようになったことは、能の表現に変化をもたらしている。
 東京、鎌倉、熱海(あたみ)、京都、大阪、神戸、金沢、松山、福岡、宮崎ほかに常設の能楽堂があり、国立劇場能楽堂ほか、公共の能楽堂も増える傾向にある。300~700人程度の収容力をもつのが普通であるが、小規模なものまで含めると全国に70以上の能楽堂がある。また、能楽堂を出たステージの能、薪能など野外の能の流行が、第二次大戦後に顕著である。
 能楽堂には独自の様式がある。総檜(ひのき)でつくる。京間三間(約6メートル)四方の本舞台(舞台ともいう)の四隅に柱を立てて屋根を支える。「目付(めつけ)柱」はとくに重要で、能面で視野を狭められた演者の目標となる。近年はこの柱の取り外せる能楽堂もあり、ステージ能などでは省略されることが多いが、4本の柱でくぎられているほうがかえって演技空間としての広がりをもつことも事実である。能は足の運びをもっとも重視するため、床は全体の弾力がくふうされて張られており、床下には足拍子の共鳴装置として数個の大きな甕(かめ)を配置する。屋根と「笛柱」には『道成寺(どうじょうじ)』の鐘を吊(つ)るための鐶(かん)がある。「ワキ柱」のきわは多くワキの座る場所であり、右手の地謡座には地謡が正面と直角に2列に正座する。本舞台の後方は「後座(あとざ)」といい、囃子方(はやしかた)と後見の場所である。板の張り方から「横板(よこいた)」ともいう。後座には庇(ひさし)がかかり、後方の鏡板(かがみいた)とともに優れた反響板の効果をもつ。後座右手の「切戸口(きりとぐち)」は「臆病口(おくびょうぐち)」ともいい、地謡方と後見の出入口であると同時に、舞台で斬(き)られた役などの退場にも用いる。地謡座奥の「貴人口(きにんぐち)」、正面の「白洲梯子(しらすばしご)」は今日の演能では用いない。あらゆる能と狂言の背景である「鏡板」には、老松が描かれる。春日神社の神の降りる影向(ようごう)の松をかたどるという伝えもあり、狩野(かのう)風が江戸時代の定めだったが、近年は画家の恣意(しい)や新解釈で不評の能舞台も多い。「シテ柱」の左手に延びた「橋懸(はしがか)り」は、演者や囃子方の登退場の通路であると同時に、重要な演技の場所で、演技の遠近を強調し、舞台とは別の空間としても用いられる。橋懸りには舞台のほうから順に「一ノ松」「二ノ松」「三ノ松」があり、これは優れた点景であり、演技の目標ともなる。橋懸りのつく位置と角度は時代による変遷があり、世阿弥時代には、鏡板がなく、橋懸りは後方中央につけられ、ほとんど円形劇場に近かった。山形県黒川能の春日神社能楽堂は、左右両方に橋懸りをもつ。近代の舞台でもっとも長いのは国立劇場能楽堂の約17メートルである。橋懸りは長くかつ斜めに深い角度で舞台に接したほうが演技効果が高い。
 橋懸りと2本の竹竿(たけざお)で跳ね上げる五色の緞子(どんす)の「揚幕(あげまく)」を隔てて「鏡ノ間」がある。楽屋で扮装(ふんそう)を終えたシテは、ここで最後に能面をかけ、大きな鏡を前に精神集中を図り、囃子方は出を前にして「お調べ」を演奏する。鏡ノ間で演技の行われることもあり、楽屋と舞台の両方の機能をもつ部屋ともいえる。揚幕に近く舞台の進行を見るための「奉行(ぶぎょう)窓」があり、「あらし窓」「物見窓」ともいわれる。鏡ノ間に接して舞台後方に「楽屋」がある。シテ方、ワキ方、狂言方、囃子方の部屋に分かれているのが普通である。能舞台の回りには「白洲」が設けられている。野外、別棟の舞台では、この反射光が間接照明としての効果がある。西本願寺北能舞台は、白い小石でなく、黒い大きめの石に角度をもたせて音響の補助装置としてのくふうがある。能楽堂においては、観客席である「見所(けんしょ)」は舞台を取り囲む形で設けられ、今日では椅子(いす)席が多い。正面席、脇(わき)正面席、中(なか)正面席、地裏(じうら)の順で入場料に差があるのが普通。地裏に見所を設けた能楽堂は例が少ない。2階席のある能楽堂もある。[増田正造]
『野上豊一郎編修、西野春雄・松本雍解題・補注『能楽全書4 能の演出』(1979・東京創元社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能舞台」の用語解説はコトバンクが提供しています。

能舞台の関連情報

他サービスで検索

「能舞台」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.