Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

胸膜【きょうまく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

胸膜
きょうまく
pleura
以前は肋膜とも呼ばれた。表面をおおう肺胸膜と,胸壁の内面をおおう壁側胸膜とがあり,ひとつづきの袋状になっている。この2つのの間 (胸膜腔) には少量の漿液があり,摩擦を防ぐ役割をしている。これらの膜に炎症が起ると,摩擦音を生じたり,胸膜腔に滲出液が貯留したりする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょう‐まく【胸膜】
肺を二重に包む膜。肺の外側表面と胸郭の内面を覆っている。そのすきまを胸膜腔といい、少量の胸水があって摩擦をやわらげている。肋膜(ろくまく)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

胸膜
 胸膜腔に面する肺や胸壁内面を覆う膜.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうまく【胸膜 pleura】
肺の外表面と,胸壁の内面,横隔膜の上面などを覆うひとつづきの薄い膜で,かつて肋膜ともいわれた。肺を覆う胸膜と胸壁などを覆う胸膜との間は胸膜腔とよばれるが,通常はほとんどすきまなく接している。胸膜腔には透明な水(漿液)がわずかにあって,胸膜に滑らかさを与えている。呼吸に際して胸郭が大きさをかえるとき,2枚の胸膜が滑りあいながら,肺は膨らんだり縮んだりする。胸膜に炎症が起こったり,心不全などの場合には,胸膜腔に大量の水がたまる(胸水)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

胸膜
きょうまく

肺の表面、および胸郭壁内面を覆っている漿膜(しょうまく)で、かつては肋膜(ろくまく)ともよんだ薄い透明な膜である。片側の肺表面を覆う肺胸膜は、肺門の部分で肺に進入する気管支、肺動静脈を包みながら反転して胸郭壁内面を覆う壁側胸膜に移行する。このように、片側の肺と胸郭壁とを覆う胸膜は連続しているため、肺胸膜と壁側胸膜とは閉鎖した腔(くう)をつくることになる。この左右の腔を胸膜腔とよぶ。壁側胸膜は、心臓、気管、大血管に接する縦隔胸膜、胸壁内面の肋骨(ろっこつ)胸膜、横隔膜上面を覆う横隔胸膜に分けられる。胸膜腔は狭い間隙(かんげき)であるため、肺の呼吸運動の際には肺胸膜と壁側胸膜とは触れ合うこととなる。このため、胸膜腔には摩擦を防ぐために、少量の胸膜液(漿液)が存在している。

 胸膜に炎症が生じると、胸膜腔に滲出(しんしゅつ)液、血液、膿(のう)などが出現し、貯留することがある。空気がこの腔に入ると気胸とよばれる。滲出液が体内に吸収されると肺胸膜と壁側胸膜(とくに胸壁の肋骨胸膜)とが癒着することがある。その範囲が広範に及ぶと肺の呼吸運動が制限されるため、肺活量も減少する。

[嶋井和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐まく【胸膜】
〘名〙 (borstvlies の訳語) 肺の表面と胸腔の内側をおおう二重の膜。左右に一対ある。体の部位によって、横隔胸膜、縦隔胸膜、肋骨胸膜に分けられる。人では肋膜ともいう。〔解体新書(1774)〕
[補注]同義の ribbevlies (ribbel =肋)が肋膜と訳され、明治初期の「医語類聚」(一八七二)には、「胸膜」はなく、「肋膜」だけが用いられている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胸膜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胸膜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.