Rakuten infoseek

辞書

胸壁【キョウヘキ】

デジタル大辞泉

きょう‐へき【胸壁】
胸牆(きょうしょう)」に同じ。
とりで。要塞(ようさい)。
屋上などにめぐらす欄干状の壁。
河川・海岸の堤防上、橋台の背面などに設けて、波浪や土砂崩れなどを防ぐ壁体。
胸部の外壁。
バットレス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きょうへき【胸壁】
胸墻きようしように同じ。
パラペットに同じ。
胸の高さの外壁。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐へき【胸壁】
〘名〙
① 敵の弾丸を防ぐために、土などを散兵壕の敵方に積み上げたもの。胸牆(きょうしょう)
※兵士懐中便覧(1868)〈福沢諭吉訳〉「土堤は以て敵兵の弾丸を防ぎ、且其土を掻揚たる跡も自から隍(ほり)となりて防禦の助となす可し、斯く築きたる土堤を胸壁(キョウヘキ)と名く」
② とりで。要塞(ようさい)
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉上「政府は(キョウヘキ)を築き大砲を備へて」
③ 建物で、屋上の周囲、ベランダなどに設けた欄干状の壁。
※いのち短し(1958)〈井上友一郎〉サンセット・ポイント「しょんぼりと見晴し台の胸壁の前に立って」
④ 鉄道、道路などを通すために切り取ったあとの断崖が、風雨に洗われて浸食されるのを防ぐために設けた壁体。
⑤ (内臓に対して)胸部の外壁。
※ブルジョア(1930)〈芹沢光治良〉一「悪い左肺の胸壁と肺臓の間に、空気を送って、肺臓の活動を弱め」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胸壁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胸壁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.