Rakuten infoseek

辞書

胴丸【どうまる】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

胴丸
どうまる
平安時代中期頃~室町時代中期頃に主として用いられた一種。上古時代の挂甲形状に最も近く,胴回りはひと続きで右脇に引合せ草摺 (くさずり) は8間に分れて歩行しやすくなっている。平安・鎌倉時代には徒歩の士卒が着用したが,南北朝時代以降戦乱が相次ぎ,武将も重厚な大鎧 (鎧) に代えて丸,腹巻を着用するようになり,主として筋兜と大具足するようになった。なお同時代に大鎧と胴丸の折衷形式である胴丸鎧があり,大山祇神社に源平時代のものと推定される『赤糸胴丸鎧』1領が伝わる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どう‐まる【胴丸/筒丸】
中世の鎧(よろい)の一。胴を丸く囲み、着用の際の引合(ひきあわせ)を右側に設けた歩卒用の簡便な鎧。活動に適すように草摺(くさずり)を8枚に分け、本来は袖や兜(かぶと)備されない。その機能と構造は、当世具足に受け継がれ、近世甲冑(かっちゅう)に影響を与えた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どうまる【胴丸】
中世の(よろい)の一種。胴の前後を覆って,右脇で深く引き合わせ,裾に8枚の草摺(くさずり)を付属する。(さね)とよぶ牛の撓革(いためがわ)または鉄の小片を横につらねてつづり合わせ,さらにに胴まわりを衡胴かぶきどう)といって4段,立挙(たてあげ)といって正面上部の胸板につづく2段と背面上部の押付(おしつけ)につづく3段,草摺を5段,それぞれ革緒や糸の組緒で札を1枚ずつ細かに威(おど)しつけるのを常とする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

胴丸
どうまる
日本甲冑(かっちゅう)の一様式。騎射戦用の甲冑として発達した大鎧(おおよろい)に対し、徒立(かちだち)の打物(うちもの)戦用に考案された軽便な甲冑で、平安中・後期の成立と考えられる。おもに中世に用いられたが、初期にはもっぱら徒立の下卒に着用され、あるいは上級武士が軽快に出(い)で立つときに装束の下に着籠(きご)められた。構成は、立挙(たてあげ)前二段・後三段、長側(ながかわ)(衡胴(かぶきどう))は四段で、体を囲むように丸くつくり、着用の際に体を入れる引合せは右側に設ける。引合せは後胴を上にして打ち重ねるのが特徴で、草摺(くさずり)は歩行時の足さばきを考慮して八間に割り、五段下がりを普通とする。肩上(わたがみ)は長く柔軟な蔓綿噛(つるわたがみ)である。原則として兜(かぶと)と袖(そで)は具さず、袖のかわりに杏葉(ぎょうよう)という独特の形をした掌(てのひら)大の小板を肩上につけて肩先の防護とした。ただし、この様式は古く腹巻と称した。中世の記録、軍記物語の記述および絵巻物の描写の示すところである。のちに、おそらく、中世末期から近世初頭へかけての甲冑の変革期に、名称に混乱がおこり、胴丸とよばれていた背面を引合せとするいっそう軽便な甲冑と、名称が交替したものと考えられる。
 南北朝時代以降、騎射戦が衰退して集団的な徒立の打物戦が盛んになるに伴い、重厚な大鎧はしだいに廃れて威儀の装具と化し、かわって徒立戦に適応する胴丸の機能が認識され、上級武士も好んで用いるようになり、兜と袖が具されて大鎧と同様の構成を示した。盛上本小札(もりあげほんこざね)の使用と相まって製作は向上し、外容もまた美麗となって品格を添え、紫韋(がわ)、黒韋、燻(ふすべ)韋、肩白(かたじろ)、肩取(かたどり)、腰取(こしどり)、色々威(いろいろおどし)など当時の好尚を反映する威毛(おどしげ)が行われた。兜は軽快な筋(すじ)兜が流行したが、鍍金(ときん)の飾り金物で装飾し、三鍬形(みつくわがた)を打った総覆輪筋兜はとくに賞用された。袖は大袖のほか打物戦に便利な広袖も添えられ、杏葉は胸前に垂下して高紐(たかひも)を覆い胸脇を防護した。一方、戦乱の激化、拡大によって増大した需要にこたえるため、製作の簡略化や迅速化が要求されて、伊予札(いよざね)を用いることが行われ、また韋包みや布帛(ふはく)包みの包胴(つつみどう)がつくられ、さらに室町末期には最上(もがみ)胴丸、金(かな)胴丸とよばれる板札素懸威(いたざねすがけおどし)の胴丸が現れた。
 初期には粗製品が多かったためか遺物は少なく、わずかに愛媛県大山祇(おおやまづみ)神社に鎌倉時代の作と推定される紫韋威の一領をみるにすぎない。南北朝時代以降は、奈良春日(かすが)大社、大山祇神社をはじめ各地の社寺に優品が伝存し、着装のようすは『平治(へいじ)物語絵詞(えことば)』『蒙古(もうこ)襲来絵詞』『十二類合戦絵詞』および「細川澄元画像」「小笠原朝経(おがさわらともつね)画像」などに描かれている。胴丸は、室町末期から近世初頭の甲冑変革期に衰退したが、優れた機能と合理的な構造は当世具足に踏襲されて、その基本となり、近世の甲冑に大きな影響を及ぼした。[山岸素夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胴丸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胴丸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.