Rakuten infoseek

辞書

胡服【こふく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

胡服
こふく
中国において,北方匈奴西方イラントルコなど漢民族からみた他民族 (胡人) が着た衣服総称。特定の一民族の衣服をさす言葉ではなく,戦国時代にトルコ民族の衣服から取入れた革帯や唐代に流行したイラン系の服装などをいった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こ‐ふく【×胡服】
中国北方の民族の服装。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こふく【胡服 hú fú】
胡人の着る服の。胡人とは,中国の戦国時代に北方辺境で活躍していた匈奴や鮮卑などの遊牧騎馬民族を指し,彼らの着用した筒袖左衽(さじん)(左前)の上衣ズボンという二部式の衣服を胡服と称した。胡服は騎兵戦に適した服装であった。覇を競う戦国の王国の中で,武霊王が北方の騎馬民族から胡服と騎射の風をとり入れ戦闘力を強化したといわれる。日本でも古墳時代の埴輪の服装にその様式がみられる。胡服は広くユーラシア大陸の内陸部から北方全域に広がり,今日の西洋式服装も源流は胡服に発している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こふく【胡服】
中国の北方遊牧民、胡人が着た衣服。筒袖・左衽さじんの上衣とズボンを組み合わせたもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐ふく【胡服】
〘名〙 中国北方民族の胡人の着る服。筒袖、左衽(さじん)の上衣にズボンの二部式で、騎馬に適する。また、一般に外国の服装。また、その服装をすること。
※随筆・折たく柴の記(1716頃)中「今の団領(まるえり)は胡服に出たり」 〔史記‐匈奴伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胡服」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胡服の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.