Rakuten infoseek

辞書

胞子葉【ほうしよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

胞子葉
ほうしよう
sporophyll
普通葉に対し胞子を形成する葉のこと。実葉,芽胞葉ということもある。シダ植物では,大部分の成熟した葉は胞子葉であり,大胞子葉小胞子葉に区別される。被子植物では心皮おしべ (雄ずい) がこれに相当する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうし‐よう〔ハウシエフ〕【胞子葉】
組織の一部から胞子をつくる葉。シダ植物にみられるものをいうが、広くは種子植物心皮雄しべなども含まれる。実葉。芽胞葉。→栄養葉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうしよう【胞子葉 sporophyll】
実葉ともいう。胞子囊を生じる葉または葉的器官。普通葉と同じく,の側生器官である。普通葉と同形のもの(トウゲシバワラビなど)もあるが,普通は多少とも異なる(ヒカゲノカズラ,トクサゼンマイイヌガンソク,水生シダなどのシダ植物,種子植物)。イワヒバ,ミズニラ,種子植物など異形胞子をもつ植物では大胞子葉と小胞子葉がある。トクサ,イチョウなどの独特な形をしたものはしばしば胞子囊托とよばれる。種子植物の胞子葉は最終的に種子または粉をつくる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうしよう【胞子葉】
胞子を生じて生殖にあずかる葉。狭義にはシダ植物類の胞子をつける葉をいうが、広義には被子植物の雌しべ・雄しべもこれに含めていう。実葉。 ⇔ 栄養葉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

胞子葉
ほうしよう
胞子を形成する機能を有する葉の総称で、実葉ともいい、栄養葉(裸葉)の対語。同形胞子(大きさのうえで雌雄性の区別がない胞子)を生じる大多数のシダ類では、胞子葉と栄養葉との間に形態的、機能的差異があまり顕著でない場合が多い。このような胞子葉は、葉緑体をもち、胞子散布後は栄養葉としての機能を果たすものが多いので、栄養胞子葉とよばれる。同形胞子を生じるシダ類でも、ゼンマイ科、ハナワラビ科、キジノオシダ科、シシガシラ属などでは、胞子葉と栄養葉とが分化しており、胞子葉は胞子散布後に枯れるか、または葉としての機能を失う。異形胞子(雌雄性によって大きさなどに区別がある胞子)を生じるシダ植物では、大胞子のみを生じる大胞子葉、小胞子のみを生じる小胞子葉とが区別される。これらは、それぞれ種子植物の心皮(しんぴ)と雄蕊(ゆうずい)に相当する。またコンブ類の一部では、真正の葉ではないが、生殖細胞群を生じる葉状体の部分を胞子葉とよぶことがある。[安田啓祐]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうし‐よう ハウシエフ【胞子葉】
〘名〙 胞子を生じる葉。シダ植物では大胞子葉・小胞子葉、被子植物では心皮、雄しべに区別する。一般に普通葉とは形態・機能とも異なるが、シダ植物の中には普通葉と同じ形態をし、光合成も行なうなど同じ機能を営むものもある。実葉(じつよう)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胞子葉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胞子葉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.