Rakuten infoseek

辞書

胚乳【はいにゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

胚乳
はいにゅう
albumen
種子の中にとともにある一つの組織で,この中に養分がたくわえられており,種子発芽時に胚はこれを吸収して生長する。裸子植物では胚嚢内の1核がそのまま分裂して多核体となり,次いで細胞膜が一斉にできて胚乳の組織をつくるので一次胚乳という。被子植物では花粉管から到達した1精核が胚嚢内の2核 (極核) と合着して 3n核となり,それから胚乳組織ができるので内乳または二次胚乳という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はい‐にゅう【×胚乳】
種子の中にあってを包み、胚の生長に必要な養分を蓄えて供給する組織。被子植物では重複受精の結果つくられる内乳をさすが、珠心の発達した外乳も含めていうことがある。豆類など無胚乳種子では早くに退化して、養分は子葉に移される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

胚乳
 胚にともなう形で種子にある組織.胚の栄養を蓄える.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はいにゅう【胚乳 endosperm】
内乳ともいう。胚が発育するために種子にたくわえられた養分。白米はイネの胚乳で,小麦粉はコムギの胚乳を粉にしたものである。ココヤシの若い実では,胚乳の内側は液状で,外側に固まりかけた白い胚乳があり,これを乾かしコプラとして料理に使う。被子植物の胚珠は重複受精し,種子となる。すなわち,胚囊に入った二つの精核は卵核と受精し胚になり,他の一つは二つの極核と受精し,三倍体(3n)の初生胚乳核primary endosperm nucleusとなり,細胞分裂(または核分裂のみ)をして細胞数とともに体積を増し,デンプン,タンパク質,油脂などをたくわえ胚乳となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はいにゅう【胚乳】
種子の中にあって発芽のための養分を貯蔵した組織。被子植物では胚囊内の二個の極核と花粉管からもたらされた精核との受精によって生じる。裸子植物では胚囊細胞が増殖したもの。内乳。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

胚乳
はいにゅう
albumenendosperm
二通りの意味がある。広義には裸子植物および被子植物の種子に含まれる胚以外のすべての栄養貯蔵組織をさす。この意味の英語はalbumenである。狭義には被子植物の内胚乳(内乳)をさす。この意味の英語はendospermである。
 裸子植物の種子の栄養組織は雌性配偶体(前葉体ともいう)であり、成熟した雌性配偶体は種子の体積の大部分を占める。たとえば、イチョウの種子(銀杏(ぎんなん))の種皮を割ると、中から緑色で球形の組織塊が現れる。これが雌性配偶体であり、その細胞の中には多量のデンプン粒を蓄えている。また、マツなどの針葉樹ではデンプン粒もあるが、主体となるのは脂質とタンパク質からなるアリューロン粒である。
 被子植物の種子の栄養組織には、外胚乳(外乳)と内胚乳とがある。外胚乳は、珠心の組織の一部が受精後もさらに発達して栄養を貯蔵するようになったものである。たとえば、スイレンでは種子の体積の大部分を外胚乳が占め、その細胞は肥大して、中にデンプン粒をもっている。珠孔寄りには小さな内胚乳があり、胚はその中に包まれている。
 内胚乳は重複受精の結果つくられるもので、被子植物ではもっとも主要な栄養組織である。被子植物の雌性配偶体は胚嚢(はいのう)とよばれ、普通は8個の核をもっている。このうち、中央にある2個の極核が合体し、さらに花粉管のもつ2個の精核のうちの一つがこれと合体して、内胚乳のもとになる。したがって、内胚乳の核相は3(三倍体)であり、理論上は胞子体とも配偶体とも異なる独立した植物体とされる。内肺乳の初期の発達には三つの方式がある。その一つは、始めに自由核分裂をして、中央部には液胞、周辺部には細胞質と多数の核をもつようになる自由核型(アブラナ科など)であり、二つ目は、初めから細胞壁の仕切りりをつくる細胞型(キク科など)であり、三つ目は、第一回の分裂のときに細胞壁をつくり、その後は自由核分裂をする沼生(しょうせい)型(ユリ科など)である。なお、ラン科などでは、内胚乳はごく初期に数回だけ核分裂し、その後は退化していく。また、自由核型や沼生型であっても、さらに発達が進めば、周辺部から細胞壁をつくり始める。マメ科の内胚乳は、細胞壁をつくる段階まで発達するが、その後は胚が急速に肥大して内胚乳を吸収し尽くし、栄養は胚の子葉の中に移っていく。イネ科などでは内胚乳の中央まで細胞が詰まり、多量のデンプン粒をもつようになる。内胚乳の貯蔵物質としてもっとも一般的なのはデンプンであり、内胚乳の最外層は、普通 、タンパクを含むアリューロン層となる。しかし、ユリ科などの内胚乳にはデンプンがなく、脂質とタンパク質、および肥厚した細胞壁についているヘミセルロースが含まれる。[山下貴司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はい‐にゅう【胚乳】
〘名〙 種子の構成組織の一つ。植物の発芽の際に胚に栄養を与える。〔植学訳筌(1874)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胚乳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胚乳の関連情報

他サービスで検索

「胚乳」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.