Rakuten infoseek

辞書

胎毒【たいどく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

胎毒
たいどく
infant eczema
乳幼児の頭部,頸部などにできる慢性皮膚病。土俗的医療観である「が病因となる」という考え方から,母胎内で受けた毒によるものとして,この病名が生れた。先天梅毒によるものは例外で,普通は脂漏性湿疹膿痂疹のように,アレルギー現象による素質的なものや,細菌の原感染,あるいは2次感染によるものが大部分である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たい‐どく【胎毒】
乳幼児の頭や顔にできる皮膚病の俗称。母体内で受けた毒が原因と思われていた。現代医学では、脂漏性湿疹(しっしん)、急性湿疹膿痂疹(のうかしん)性湿疹などをいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たいどく【胎毒】
小児の体にできる皮膚病の通称。母胎内で受けた毒が発したと考えていわれた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

胎毒
たいどく
乳幼児の頭部や顔面にみられる湿疹(しっしん)の古い俗称で、現代医学的には一部の先天性梅毒によるものを除き、大部分は脂漏性湿疹や急性湿疹などの体質的なものか、ブドウ球菌による膿痂疹(のうかしん)性湿疹である。古来、母体内で受けた毒によりおこると考えて胎毒とよび、やたらに治療すると内攻するなどといわれ、駆(くおけつ)剤の川(せんきゅう)や大黄(だいおう)などを含む胎毒下(くだ)しを服用していた。これらはいずれも誤りで、それぞれの原因に応じた治療を早期に行うべきである。[新井正夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐どく【胎毒】
〘名〙 乳児の顔や頭にできる皮膚病の昔の俗称。胎内で母体から受けた梅毒(ばいどく)がもとで発生すると伝えられたところからいうが、医学的には、先天性梅毒によるものはまれで、湿疹や膿痂疹(のうかしん)などの体質または細菌によるものをいったと考えられる。くさけ。
※女重宝記(元祿五年)(1692)三「子は薦のうへにすておくゆへに、そのまに口にふくみたる胎毒(タイドク)をはつこゑと一どにのみこみて、疱瘡、くさなどわづらふ事なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胎毒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胎毒の関連情報

他サービスで検索

「胎毒」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.