Rakuten infoseek

辞書

胎児【たいじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

胎児
たいじ
fetus
哺乳類で,胎内受精卵発育し,出産されるまでをいう。臍帯により胎盤を通じて母体に結ばれ,人間では2本の臍動脈と1本の臍静脈による胎循環によって呼吸および栄養補給を行なっている。3ヵ月末で人間としての外形がほぼ完成,4ヵ月末では皮膚が赤みを増して内臓を透視できなくなり,5ヵ月末で毛髪,爪などの発生が始り,妊婦は胎動を感じるようになる。8ヵ月末になると身長約 40cm (成熟では約 50cm) ,体重 1500g (成熟児では約 3000g) に発育し,この時点で分娩しても哺育が適当であれば成育が可能となる。法律的には (1) 民法上,「自然人は出生によって権利能力を取得する」 (民法第1条 13) のであるから胎児には権利能力はないわけであるが,日本では相続遺贈損害賠償の請求などについて,生れたものとみなすことによってその利益が保護されており,(2) 刑法上では,母体から一部露出する前と規定され,一部露出前に殺害するものについては堕胎罪が,一部露出後に殺害するものについては殺人罪が成立する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たい‐じ【胎児】
哺乳類の母胎内にあってまだ出生しない子。人間では妊娠第8週以後の人間としてのが明らかになったものをいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

胎児
 妊娠8週を経過したあと,出生するまでの在胎中の児.この時期以前のものは胎芽という.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいじ【胎児 fetus】
胎生動物の発生後期のを胎児という。精子卵子の癒合によってできた受精卵は子宮内膜に着床して発育を続け,一個の個体となる。ヒトの場合は受精後8週までは,各胚葉からいろいろの器官分化が終わるまでの期間なので,これまでを胎芽embryoといい,これ以後を胎児という。胎児は羊水中に浮いており,臍帯(さいたい)で胎盤とつながっている。胎盤は子宮壁につき,この中には胎児側から臍帯を通じて血管が入り込み,胎児はここでガス交換(呼吸)や物質交換を行って発育していく。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいじ【胎児】
哺乳類の母胎内で発育中の幼体。ヒトの場合は受胎後八週間以降をいう。民法では、母の胎内にあってまだ出生していない子をいう。損害賠償・相続・遺贈に関しては、すでに生まれたものとみなされる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

胎児
たいじ
fetus
胎生動物の発生後期における胚(はい)で、ヒトの場合は普通、受精後8週までを胎芽embryoといい、それ以後を胎児とよんでいる。すなわち、受精後に卵分割が進み、約2週で球状の細胞集団となる桑実(そうじつ)期を経て胞胚期となるが、これまでの期間を配偶子期ともよび、子宮内膜への着床は胞胚期に行われる。これに続いて器官の分化する胎芽期に入るが、4週ころから神経系、脈管系、感覚器などが分化され始め、8週ころに各器官原基が形成されて12週までには器官形成が完成する。この器官の分化・発育に続いて、胎外生活への適応に必要な機能が完成するまでの期間を胎児期という。このうち、妊娠のごく初期である4~12週の期間中に、母体のウイルス感染(風疹(ふうしん))をはじめ、薬物服用やX線照射が要因となって胎芽病(先天異常)をおこすことがあり、この期間を奇形臨界期ともいう。
 胎児の発育は身長・体重ともに月数によって概算する方法もあるが、近年は超音波断層法によって詳しく計測されるようになった。成熟胎児の平均体重は3000グラム、身長は50センチメートルとされているが、近年は体重が増えており、標準値は2500~3800グラムとなっている。形態的には頭部がもっとも大きくて身長の4分の1を占め、顔面よりも頭蓋(とうがい)が大きい。また頭部の骨縫合は可動性で、各縫合の接点は開大していて泉門とよばれる。なお、卵膜、胎盤、臍帯(さいたい)、羊水はいずれも胎児の付属物であるが、とくに胎盤は胎児にとって重要な器官で、胎児の肺、腸、腎臓(じんぞう)などの役割を、胎盤を通して母体に代行してもらっている。[新井正夫]

胎児の血液循環

胎児は自分の肺で呼吸する必要がなくてすむ独特の血液循環を行っている。すなわち、右心房の血液の半分は卵円孔を通して直接左心房に入り、左心室を経て大動脈から全身を回る。残りの半分は右心房から右心室を経て肺動脈に入るが、大動脈と肺動脈との間にあるボタロー管から血液は大動脈に流れ込み、肺には血液がほとんど達しないばかりでなく、心臓の左右ともほぼ同量の血液が流れるようになっている。なお、全身を回った血液は臍動脈を経て胎盤に達し、母体血との間で物質交換が行われ、老廃物を渡して酸素や栄養をもらった血液は、臍静脈を経て胎児の肝臓に達し、ここから右心房へ行く。
 出産後に肺呼吸が始まると、数分のうちに卵円孔はふさがり、ボタロー管は収縮して閉ざされ、血流は成人と同様になるよう急変する。これがうまくいかないと、ボタロー管開存症など心臓奇形となる。また、胎盤との血行も出生と同時に閉鎖される。[新井正夫]

胎児の成育限界

胎児が胎外生活を行うことが可能な時期(成育限界)については、周産期医学の進歩によって早まり、日本では24週とされている。すなわち、24週以後の出産は早産となるわけであり、胎児の身長・体重は24週では30センチメートル、650グラム程度となっている。
 なお、妊娠・出産時における胎児についてはそれぞれ「妊娠」「出産」の項目を参照されたい。[新井正夫]

法律問題

胎内にある出生前の子をいう。人は出生によって権利の主体となる人格(権利能力)を取得するのを原則とするため、胎児には権利能力がない(民法3条1項)。しかし、この原則を貫くと、胎児は相続することができないなどの不利益を生ずることとなる。そこで、胎児は、損害賠償の請求権(民法721条)、相続(同法886条)、および遺贈(同法965条)については、すでに生まれたものとみなされ、権利能力を有するものとして取り扱われる。ただし、死産であってはならず、生きて産まれることを要する。
 また、未婚の女性が妊娠しているときに、胎児の父はその女性(母)の承諾を得て胎児を認知することができる(同法783条)。さらに、刑法も胎児を保護しており、母体保護法によって認められている人工妊娠中絶事由(母体保護法14条)に該当しないときは、堕胎罪(刑法212条~216条)となるものとしている。さらに、近時は、体外受精が行われるようになった結果、受精卵も胎児か、胎児でないとしても胎児に準じて法的に保護されるかが論じられている。これは、受精卵を破壊したりした場合にどのような法的責任を負うかなど受精卵の取扱いとの関係で生じてきた問題であり、今後立法論的にも解決されなければならない問題である。[石川 稔・野澤正充]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐じ【胎児】
〘名〙 胎生する哺乳類の母体内で生育中の幼体。胎子。民法上では、母の胎内にあってまだ生まれない子。権利能力を有しないが、不法行為・相続・遺贈に関しては、すでに生まれたものと同等に扱われる。〔医語類聚(1872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胎児」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胎児の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.