Rakuten infoseek

辞書

背面【ソトモ】

デジタル大辞泉

そとも【面/外面】
《「背(そ)つ面(おも)」の音変化》
後ろの方。また、そとがわ。そと。
「暇を告て、堂の―に出行きたり」〈竜渓経国美談
山の日の当たる方から見て後ろになる側。北側。⇔影面(かげとも)
「我が大君のきこしめす―の国の」〈・一九九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はい‐めん【背面】
後ろの方。後ろの側。「敵の背面を突く」
物事の裏に隠されている別の面。「事件の背面を暴く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はいめん【背面】
後ろの方。後ろの側。 -から攻撃を受ける
物事の表面にあらわれない別の面。 -のいきさつ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はい‐めん【背面】
〘名〙
① (━する) うしろを向くこと。うしろむき。
※四河入海(17C前)一一「さる程に周昉が画ける背面の美人の、うしろむいて、傷春」 〔蘇軾‐続麗人行序〕
② 物のうしろ側。うしろの方角。背後。後方。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉一二「海軍は春日陽春の二艦を函館の背面に向はせ」
③ ある物事の裏に隠されている別の面。
※二人の友(1915)〈森鴎外〉「此背面(ハイメン)には、さうばかりは行かぬと云ふ意味がある」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

背面」の用語解説はコトバンクが提供しています。

背面の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.