Rakuten infoseek

辞書

背教【はいきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

背教
はいきょう
apostasy
キリストの用語で,ひとたび教会の信条を受入れながらのちにそれを意識的に捨てることをいう。すなわち信仰の全面的否認であり,信条の部分的個条を疑問視したり拒否したりする異端とはこの点で異なる。教会法が至上であった時代には背教は教会当局のみならず国家によっても罰せられたが,今日では教会内部だけの問題である。カトリックでは修道士修道女が不法に修道生活を離れた場合も背教といわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はい‐きょう〔‐ケウ〕【背教】
信じていた宗教を、背き捨て去ること。信仰を捨てること。棄教。「背教者」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はいきょう【背教 apostasy】
信じていた宗教から他の宗教に転ずること,あるいは非宗教的立場に移行すること。〈棄教〉ともいい,いずれも放棄された宗教の側からの非難をこめた表現として用いられることが多い。主としてキリスト教世界で大きな問題とされた。古代ローマでは皇帝がしばしばキリスト教徒迫害し,多くの背教者を生じた。はじめ教会は,迫害によって背教した信徒は次の迫害時に殉教すればその罪が許されるとしたが,やがて悔悛することによってふたたび教会に復帰する道が開かれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はいきょう【背教】
教えにそむくこと。
キリスト教で、信仰を捨てて他宗教に改宗したり、無宗教になること。棄教。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

背教
はいきょう
apostasia ギリシア語 ラテン語
apostasy英語
いままでの信仰を自発的あるいは強制されて捨て去ること。この場合、無信仰への移行と他の信仰への回心との二つの場合があるが、いずれにしろそれまでの信仰の立場からみた用語であり、裏切り行為としての非難の意味が含まれている。一般に背教は単なる個人的動機としてよりは政治的・社会的脈絡と関連して問題となる。背教者は市民権を剥奪(はくだつ)され(ユダヤ教、古代宗教)、教会組織や共同社会からの追放(キリスト教、イスラム教)が伴う。したがって、政教分離が進展すると背教問題は比重が軽くなる。また複数の宗教の競合が背教の主要条件となるため、排他性の濃い一神教的宗教の場合にとりわけその意味が重い。[赤池憲昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はい‐きょう ‥ケウ【背教】
〘名〙
① 教え、思想などにそむくこと。特に、宗教の教えにそむくこと。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕
② キリスト教徒が信仰を捨てること。
※光と風と夢(1942)〈中島敦〉七「その背教だけは許せなかった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

背教」の用語解説はコトバンクが提供しています。

背教の関連情報

他サービスで検索

「背教」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.