Rakuten infoseek

辞書

胆管炎【たんかんえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

胆管炎
たんかんえん
cholangitis
肝内の胆管および肝外の肝管,胆嚢管総胆管に起る炎症。しばしば胆嚢炎を合併する。化膿性胆管炎は多くは結石と関係がある。悪寒戦慄を伴い,高熱を発し,疝痛黄疸を伴うことが多い。早期に総胆管を切開あるいは穿刺して排膿をはかる必要がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たんかん‐えん〔タンクワン‐〕【胆管炎】
胆管に起こる炎症。急性であることが多い。発熱黄疸、右上腹部の痛みを伴う。大部分大腸菌などの細菌が感染して起こる。重症になると敗血症を生じ、命にかかわることがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

胆管炎
 胆管の炎症.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんかんえん【胆管炎】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

胆管炎
たんかんえん
cholangitis
胆道感染症には胆嚢(たんのう)炎と胆管炎があり、ほとんどの場合、胆石や腫瘍(しゅよう)による胆道系の通過障害と胆汁のうっ滞が背景となって発症する。腸管から胆道系を逆行する大腸菌の上行性感染の頻度がもっとも高い。ここでは、胆管炎について述べる。
 胆管炎は急性化膿性胆管炎ともよばれ、発熱、腹痛、黄疸(おうだん)は必発の症状であり、この三つはシャルコーCharcot三徴とよばれる。症状が進行して胆管が閉塞すると胆道内圧が上昇し、急性閉塞性化膿性胆管炎発症の引き金となる。原因は胆管結石がもっとも多い。シャルコー三徴にエンドトキシンショックと意識障害を加えてレイノルズReynolds五徴とよび、急性閉塞性化膿性胆管炎の症状である。
 超音波検査、磁気共鳴胆管膵管検査を行い、前述の臨床症状に加えて、胆管内結石とその末梢胆管の拡張を認めれば診断は確実である。
 急性閉塞性化膿性胆管炎に至ると敗血症を起こし、エンドトキシンショックや播種(はしゅ)性血管内凝固症候群をきたし予後は著しく不良となる。治療は抗生物質を投与するとともに速やかに胆道ドレナージを行い胆道減圧を図ることがきわめて重要である。[中山和道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胆管炎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胆管炎の関連情報

他サービスで検索

「胆管炎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.