Rakuten infoseek

辞書

肱川【ひじかわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

肱川
ひじかわ
愛媛県南西部,大洲市南東部の旧町域。肱川流域に位置する。 1943年河辺村,宇和川村,大谷村の3村が合体して肱川村となり,1955年貝吹村,横林村両村の一部を編入。 1959年町制。 2005年大洲市,長浜町,河辺村と合体し大洲市となる。山地大部分を占め,林業が主産業。スギヒノキが植林され,米作のほか,シイタケ,クリ,タバコの栽培が行なわれる。人造湖の鹿野川湖畔は肱川県立自然公園の中心で,サクラと川魚料理,ヘラブナ釣りで有名。中野三島神社にはイチイガシ老木がある。大谷文楽と山鳥坂の鎮縄 (しめ) 神楽を伝える。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肱川
ひじかわ
愛媛県西部を北西に流れる川。全長 102km。上流を宇和川と称し,大洲盆地を流れ,大洲市北西の長浜伊予灘に注ぐ。河川規模に比べて平地が少なく,河口部でも沖積低地がほとんど開けていない。陸運の発達するまでは河口から坂石 (→野村 ) まで川舟が通い,木材流しにも利用された。流域は古来洪水が多かったが,1951年四国西南総合開発特定地域に指定され,1959年肱川町に鹿野川ダム,大洲盆地に堤防が完成し,水害は減少した。 1981年に野村ダムが完成。発電,各種用水に利用。川床砂利は良質な建築材。大洲の鵜飼いは有名。鹿野川湖周辺は肱川県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひじ‐かわ〔ひぢかは〕【肱川】
愛媛県西部を流れる川。大洲(おおず)市南部の鳥坂(とさか)(標高460メートル)付近に源を発して北流し、同市長浜町で伊予灘に注ぐ。長さ103キロ。流域は林業が発達し、河岸段丘では酪農が盛ん。大小300を超える支流がある県下最大の河川。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひじかわ【肱川】
愛媛県西部の川。大洲市と東宇和郡宇和町の境界の鳥坂(とさか)峠(460m)付近に発し,はじめは南流して宇和町に至り,流路を東に変えて同郡野村町坂石に達する。坂石からは四国山地に対して横谷を形成する先行性河川として北流し,大洲市中心部を経て喜多郡長浜町で伊予灘に注ぐ。愛媛県下最大の河川で,幹川流路延長103km,全流域面積1210km2。支流の数の多さでは日本で5番目といわれ,流域に内山,野村,宇和,大洲などの小盆地を発達させる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

肱川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

肱川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.