Rakuten infoseek

辞書

【カタ】

デジタル大辞泉

かた【肩】
人の腕が胴体に接続する部分の上部、および、そこから首の付け根にかけての部分。「をもむ」「を組む」
動物の前肢や翼が胴体に接続する部分の上部。
衣服の、1に相当する部分。「にパッドを入れる」
物の上部のかどの部分。「書き」「各句のに番号を付ける」
地形・物の形などの、1に相当する部分。「道路の」「壺の
山頂から少し下った所にある平らな所。「の小屋」
球などを投げる力。「が弱い」
物をかつぐ力。「足をくじいた友人にを貸す」
背負った責任。「乗客の安全は運転士のにかかっている」
10 新聞の一面左上端を占める記事。多くの場合、トップ記事に次いで重要とされる。→頭(あたま)
11 《肩に倶生神(くしょうじん)が宿っていて、運命を支配するという俗信から》運。めぐりあわせ。
「此方等のやうな―の悪い夫婦なれば」〈鳩翁道話・一〉
[下接語]後(あと)肩襟肩五十肩先肩四十肩半肩一(ひと)肩路肩(がた)怒り肩地(じ)肩撫(な)で肩

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けん【肩】[漢字項目]
常用漢字] [音]ケン(呉)(漢) [訓]かた
〈ケン〉かた。「肩章双肩比肩
〈かた〉「肩車肩身路肩
[難読]肩巾(ひれ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かた【肩 shoulder】
肩甲骨と上腕骨との連結部,すなわち肩関節shoulder jointとその付近が解剖学で肩という部分であるが,俗には〈くび〉の横から肩関節のあたりまで,前方は鎖骨,後方は肩甲骨の上半あたりまで,広い範囲にわたって肩と考えることが多い。人体では,この部がほぼ直角に外方に向かって突き出しているが,肩関節そのものがまるいうえに,その表面を〈三角筋〉がおおっているから,ふくよかなまるみを帯びている。肩関節は肩甲骨と上腕骨との間にある典型的な球関節である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かた【肩】
首の付け根から腕の付け根に至るまでの胴体の上側の部分。 「 -に担ぐ」
動物の前肢・翼などが胴体に接続する部分の上側。
衣服のに当たる部分。
山・道などの人のに似た部分。
山の頂上から少し下がった平らな部分。 「山の-」
道の谷側の端。 「路-」
文字や物の、上のかどの部分。 「表紙の右-」
物を投げる力。 「 -がいい」 「鉄砲-」
担ぐ力。転じて、責任。負担。 「 -代わり」
〔肩に俱生神ぐしようじんが宿っていて人の運命を支配するという俗信から〕 運。 「 -のよい者の幸せ見よ/浄瑠璃・万年草

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


かた
一般的に腕(上肢)と胴(躯幹(くかん))を結合している部分の上面を、漠然と「かた」というが、解剖学的には肩峰部(肩関節の周辺部)を中心として、三角筋部、肩甲上部、肩甲間部などを含めた範囲をいい、内部には肩関節、およびこれを包んでいる肩の筋や靭帯(じんたい)などがある。肩関節は外側に突出した肩甲骨の浅い関節窩(か)と上腕骨頭との間に成立し、典型的な球関節に属する。肩関節は全身の関節のなかでもっとも可動範囲が広いため、脱臼(だっきゅう)しやすく、全身の関節の脱臼の半分は肩関節である。
 外見上の肩の形をつくるのは、肩関節周囲を包む多数の筋と靭帯である。筋には、肩の丸みをつくる強大な三角筋と、肩甲骨の背面に付着している棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋、あるいは小円筋、大円筋があり、これらの筋の協力によって上腕の挙上、外側回旋、あるいは後方へ引くといった運動が可能となる。また、肩の運動は、肩関節のほかに肩鎖関節、胸鎖関節、胸壁上を動く肩甲骨の運動の協同作用によってもたらされる。
 肩関節は、ほとんどあらゆる方向に運動できるが、これは肩関節が浅い球関節構造であるということのほかに、この部位の関節包(関節を包む膜)がまばらで緩く、関節間隙(かんげき)に余裕があることにもよる。たとえば肩甲骨と上腕骨とは2.5センチメートルも離れることができる。四十肩とか五十肩といって40歳代、50歳代に肩の痛みと運動障害を訴えるのは、多くの場合、肩関節周囲の靭帯や筋の炎症によっている。[嶋井和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かた【肩】
[1] 〘名〙
① 腕とからだとが続く関節の上部。
※古事記(712)上「天の香山の真男鹿の肩(かた)を内抜(うつぬ)きに抜きて」
※伊勢物語(10C前)二三「くらべこし振分髪もかたすぎぬ君ならずして誰かあぐべき」
② 獣の前脚、鳥の翼の、からだにつながっている、関節の上の部分。
※古事談(1212‐15頃)四「鷹〈略〉肩さきの程探り廻はりて」
③ 衣服の、肩に当たる部分。
※万葉(8C後)七・一二六五「今年ゆく新島守が麻衣肩(かた)のまよひは誰かとり見む」
※宇治拾遺(1221頃)一「おなじ色の狩衣のかたすこしおちたるに」
④ 器物や山、道などで、人体の①に相当する部分。
(イ) 山頂から少し下がった所で、①のように平らになった所。
※東京の三十年(1917)〈田山花袋〉KとT「あ、あれが、N岳の肩だな」
(ロ) 鉱山で、鉱脈または鉱層の傾斜に従い、上部にある部分。
(ハ) 魚網の部分の名称。浮標を付ける部分。
(ニ) 律詩で、第三と第四の句。対句をなす。第五と第六の句を腰の対という。
※三体詩素隠抄(1622)三「中間の四句に抑揚の機あり。肩の一対は、抑腰の一対は揚なり」
⑤ 和船で、帆柱の立つ中央部(腰当船梁(こしあてふなばり)の位置)の横幅をいう。船体のほぼ最大幅にあたり、船体寸法の基準となる。また、中央部ばかりではなく各船梁位置の幅にいうこともある。〔和漢船用集(1766)〕
⑥ 物の上部の右側。
※教部省布達第一号‐明治九年(1876)一月一二日「但所属相定候上は自今教導筋に付差出候願伺届には必職名之肩へ神道第何部の字を記載可致事」
⑦ 物事のはじめ。最初。当初。→肩から
⑧ 物をかつぐ力。また、物を投げる力。「肩を貸す」「肩がいい」
⑨ かついでいる荷物。また、その負担。責任。
※雑俳・火燵びらき(1738)「老て駕かくは其身の過去の肩(カタ)
⑩ 助力。ひいき。味方。→肩を持つ
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)八「武帝は賈皇后を廃せうとせられたれども、荀勗等がかたをして廃せられぬやうにしたぞ」
⑪ (倶生神(ぐしょうじん)が宿っていて運命を支配するという華厳経、十王経などの俗信による。この神には、男女二神があり、男神を「同名」といって、人の左肩にいて善業を記録し、女神を「同生」といって、人の右肩にいて悪業を記録するという。俗には閻魔(えんま)大王の側にいて罪人を訊問し、その罪状を記録する神とする) 運。運命。→肩が良い①・肩が悪い①。
⑫ 囲碁で、一個の石に対する盤の中央寄りの斜めの位置。
※洒落本・外国通唱(1804)「かたの客 大せつに思ふも三日福寿草」
⑭ 「かたぎぬ(肩衣)」の略。
※歌舞伎・御摂勧進帳(1773)四立「鹿島の事触れの形(なり)にて、白張の肩ばかり掛けて」
[2] 〘接尾〙 駕籠などをかつぐ人数を数えるのに用いる。多く連濁で「がた」となる。
※浮世草子・好色二代男(1684)二「ありし姿は忽に本大臣となって、畳よりすぐに三枚肩に乗うつれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かた‐・す【肩】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

肩の関連情報

他サービスで検索

「肩」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.