Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

肩帯【ケンタイ】

デジタル大辞泉

けん‐たい【肩帯】
前足を支える骨格上肢帯(じょうしたい)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けんたい【肩帯 shoulder girdle】
脊椎動物の体の肩部にあって前方の有対肢(胸びれまたは前肢)の骨格や筋肉の土台となり,それらをに固定する働きをもつ骨格。ヒトでは上肢帯とよばれ,鎖骨肩甲骨がこれにあたる。後方の有対肢(腹びれまたは後肢)に対しても類似の骨格があってこれを腰帯(ようたい)(骨盤のことでヒトでは下肢帯)とよび,肩帯と腰帯を合わせて一般に肢帯という。 軟骨魚類の肩帯は中軸の骨格とはつながらないU字形の骨格で,片側が烏口(うこう)軟骨・肩甲軟骨・上肩甲軟骨という3部分から成り,前2者の接続部に胸びれが付着する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

肩帯
けんたい

脊椎(せきつい)動物の有対肢のうち前肢の骨格の一部で、前肢帯ともいう。前肢の体外へ突出した部分である自由肢を脊柱に結合する役を果たし、体幹内にある。後肢の自由肢を脊柱に結ぶものを腰帯(ようたい)または後肢帯という。肩帯と腰帯をあわせて肢帯という。つまり、魚類を含め、対(つい)をなす付属肢(有対肢)は自由肢と肢帯に分けられる。

 肩帯と腰帯は基本的には同じ構造をもつが、構成する骨の名称が異なる。自由肢の関節部について、肩帯では、背側のものを肩甲骨、腹側の前方部を前烏喙(うかい)軟骨、後方部を烏喙骨(烏口(うこう)骨)という。前烏喙軟骨は鎖骨となり、肩甲骨と胸骨とをつなぐ。ただし硬骨魚類のうち全骨類と真骨類は鎖骨を欠く。腰帯では、背側を腸骨、腹側の前方部を恥骨(ちこつ)、後方部を坐骨(ざこつ)といい、両生類以上では全体としてひとかたまりの骨盤肢帯をつくる。

 肢帯は、魚類ではひれの運動を安定させ、陸生動物では体重が自由肢へかかるのを仲介する。魚類では内骨格性の肩帯を補強する皮骨性肩帯が発達していて、上鎖骨を介して頭蓋(とうがい)に結合している。しかし両生類では、上鎖骨の縮小により頭蓋との結合が消失し、頭は胴に対して自由に動けるようになった。上鎖骨は爬虫(はちゅう)類以上には存在しない。機能的には内骨格性の肩帯(いわゆる肩帯)が重要で、おもな体肢筋はすべてこれに付着する。陸生動物では、肢帯に付着する肢筋の量の増加に伴い肢帯が大きくなる。烏喙骨は、哺乳(ほにゅう)類様の爬虫類である盤竜類(化石)では小さかったが、哺乳類の祖先である獣弓類から哺乳類の単孔類、有袋類、有胎盤類段階へと進むにつれて、大きくなっただけでなく、脚(あし)の姿勢と付着筋の変化に伴い、烏喙骨の形も著しく変化した。

[川島誠一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けん‐たい【肩帯】
〘名〙
① 脊椎動物の胴体にあって上肢を支える骨格。肩甲骨、烏喙(うかい)骨、鎖骨などからなり、上肢を脊柱に連結している。上肢帯。
② 肩からかけて、剣をつるしたり太鼓や旗を支えたりする帯。負い帯。つり帯。〔五国対照兵語字書(1881)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肩帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

肩帯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.