Rakuten infoseek

辞書

肥満【ひまん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

肥満
ひまん

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

肥満
体脂肪率」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ひ‐まん【肥満】
[名](スル)からだが普通以上にふとること。「肥満しないように運動する」「肥満体」
[補説]日本肥満学会では、体重と身長から割り出される体格指数が25.0以上の場合を「肥満」としている。→体格指数

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

肥満
体脂肪の過剰に蓄積した状態。成人の体脂肪率は標準約一八%で、これを超えた状態を肥満という。体脂肪を直接測る方法はかなり煩雑で、一般に(1)のような判定基準を用いる。また、体格指数として測定されるBMI(2)が二五以上の場合も肥満。
(1)肥満度(%)=〔(体重-標準体重)÷標準体重〕×一〇〇 ※標準体重=身長(m)2×二二
(2)BMI=体重(kg)÷身長(m)2

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

栄養・生化学辞典

肥満
 脂肪組織が過剰に増えている状態.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひまん【肥満 obesity】
皮下に過剰に脂肪が蓄積した状態。肥満は文明病とされ,発展途上国では一部の特権階級を除いてほとんどみられないが,欧米など先進国では40歳を超えると3~4割の肥満者が存在するといわれている。日本でも高度成長期の1970年以降増えつつあり,40歳以上で約3割の人が標準体重より20%以上の過剰体重を示すようになった。最近では重症小児肥満も多くなり,社会的・教育的問題になっている。肥満が今日問題にされているのは,法定伝染病結核のような感染症が栄養状態の改善や療の進歩によりほとんど死に至らない病気になったのに対し,糖尿病,高血圧,脳卒中心臓病などの成人病が死亡主因となり,肥満がその発病誘因として大きく関与しているからである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひまん【肥満】
スル
体が肥えふとること。 -しやすい体質
体脂肪が体重の30パーセント以上を占める状態。一般に、体重が標準体重より10~30パーセント多い場合をいうことが多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひ‐まん【肥満】
〘名〙 (形動) からだが肥えふとること。
古今著聞集(1254)一八「いかにもこの御肥満その故にてぞ候らむ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内科学 第10版

肥満(症候学)
概念
 肥満は身体に脂肪が過剰に蓄積した状態である.肥満による合併症がすでに存在するか,またその発症あるいは増悪にかかわり,医学的管理の必要性があるものを肥満症(obesity)と定義する.肥満の指標として,体重(kg)÷(身長(m))2で求めるbody mass index(BMI)が用いられ,BMI 25以上を肥満とする.臨床的には,肥満に伴う合併症を併発しやすい内臓脂肪蓄積型肥満が重要視されている.
病態生理
1)エネルギーバランス:
肥満をもたらす基礎疾患の有無によって,明らかな原因がない単純性肥満(原発性肥満)と症候性肥満(二次性肥満)に分けられる.肥満の90%以上を占める単純性肥満は,摂取および消費エネルギーのバランスがくずれ,余分なエネルギーが脂肪として貯蔵されることによって生じる.エネルギー摂取過多の要因としては,過食や間食など食物摂取の過剰がある.エネルギー消費系としては,基礎代謝,運動(身体活動),食事誘導性熱産生によるものが,それぞれ60~75%,15~30%,10%の割合で関与している.エネルギー消費系の要因としては,運動不足が最も大きい.基礎代謝や熱産生による消費系はホルモンや自律神経系で自動的に調節される.
2)遺伝要因:
肥満遺伝子(ob gene)は脂肪蓄積に伴って脂肪組織で特異的に発現が亢進し,レプチンを産生する.レプチンは食行動調節中枢が存在する視床下部に運ばれ,同部のレプチン受容体と結合し,摂食を抑制するとともに,自律神経系を介し,末梢でのエネルギー消費を亢進させる.レプチン産生異常あるいはレプチン受容体異常に基づく肥満発症家系が少数例ではあるが報告されている.一般的な肥満症患者では,レプチンの産生や受容体に異常はなく,脂肪蓄積増加を反映して血中レプチン値が増加している.レプチン値が高いにもかかわらず肥満が是正されていないため,肥満症患者にはレプチン抵抗性があると考えられる.
 β3-アドレナリン受容体は脂肪組織に存在し,交感神経系を介する熱産生と脂肪分解に重要な役割を果たしている.このβ3-アドレナリン受容体遺伝子のミスセンス変異がヒトでも比較的多く存在することがわかり,肥満症やその合併症発症との関連が明らかにされている.
 以上より,肥満発症に遺伝的要因が存在することは確実である.しかし,親子間など家族内発症については,食生活や食習慣などが類似しているという後天的要因も関与しており,遺伝的要因だけでは説明できないことも多い.
3)食行動調節系:
食行動は,摂食中枢である視床下部外側野(lateral hypothalamic area: LHA),満腹中枢である視床下部腹内側核(ventromedial hypothalamic nucleus:VMH)および室傍核(paraventricular nucleus:PVN),レプチン受容体を豊富に有する弓状核(arcuate nucleus:ARC) などによって構成される神経回路網によって調節されている.これらの中枢に存在するニューロン群が食行動に連動して血液中で増減するグルコースなどの代謝産物やレプチンなどのレベルをモニターし,食行動に反映させる.PVNには摂食抑制物質である副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(corticotropin releasing hormone:CRH)が存在し,レプチンによって促進性の制御を受けている.ARCは摂食促進物質であるニューロペプチドY(neuropeptide-Y:NPY)やアグーチ関連蛋白(agouti-related protein:AgRP),摂食抑制系であるpro-opi­omelanocortin(POMC)系ニューロンが存在し,レプチンによってそれぞれ抑制性と促進性の調節を受けている.その他ノルアドレナリン,セロトニン,ヒスタミンなどのモノアミン類も食行動やエネルギー代謝の調節物質として作動している.
 胃や肝臓の内臓由来の内因性情報,環境温度など体性感覚によってもたらされる外因性情報も,視床下部に入力しており,視床下部はそれらの情報を統合的に処理することによって,動物の食行動をより適切なものへと導いている.また食行動の動機づけや,意志,欲求,記憶,認知など,より高次の脳機能に関与する大脳皮質連合野や大脳辺縁系からの情報入力もある.ストレス過食など,ヒトの肥満症発症につながる問題食行動にはこの調節系の影響が大きい.
4)代謝動態:
肥満に伴うインスリン抵抗性には,脂肪組織より分泌されるTNF-αやレジスチンなどのアディポサイトカインが関与している.肥満症で増加する遊離脂肪酸(free fatty acid:FFA) も,脂肪毒性を介してインスリン作用を抑制する.インスリンの作用低下は,やがて耐糖能異常,糖尿病の発症へと結びつく.一方,アディポネクチンは脂肪組織特異的に発現する蛋白で,抗動脈硬化作用,抗糖尿病作用を有する.肥満に伴ってアディポネクチンが減少することも,インスリン抵抗性や動脈硬化の増悪につながる.
 食事性脂肪から合成されたカイロミクロンや,肝で合成されたVLDLの主成分である血液中のトリグリセリド(TG)は,リポ蛋白リパーゼ(lipoprotein lipase:LPL)によりFFAに分解される.この段階で脂肪細胞内に取り込まれたFFAとグルコースによって,脂肪細胞内でTGが合成される.この過程で,インスリンはLPL活性およびグルコースの細胞内取り込みを促進することにより,脂肪合成に促進的に働く.脂肪分解の過程では,脂肪細胞内に蓄積されたTGがホルモン感受性リパーゼ(hormone sensitive lipase:HSL)によってFFAとグリセロールに分解される.インスリンは,HSL活性を抑制することで脂肪分解に抑制的に働く.したがって,高インスリン血症は基本的には脂肪合成促進,脂肪分解抑制作用を介し,脂肪蓄積を増大させる方向で働くことになる.肥満症では,過剰エネルギー摂取による原料供給と脂肪組織からのFFAの動員増加があり,肝臓でのTGおよびVLDLの過剰産生,過剰分泌が起こる.一方,末梢組織のインスリン抵抗性が増大すると,LPL活性はむしろ低下し,TGの異化障害が加わって,高トリグリセリド血症,高VLDL血症をきたすことになる.
合併症
1)代謝系:
高インスリン血症,2型糖尿病,耐糖能異常,脂質異常症,高尿酸血症および痛風を認める.
2)メタボリック症候群:
内臓脂肪蓄積型肥満に脂質異常症(高トリグリセリド血症または低HDL血症),高血糖,高血圧のうち2つを合併した病態をメタボリック症候群と診断する.心筋梗塞など動脈硬化性疾患の危険因子として注目されている.
3)循環器系:
高血圧,冠動脈疾患,脳血管障害,肥満関連腎臓病などがある.
4)呼吸器系:
睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome),肥満低換気症候群が問題である.
5)消化器系:
脂肪肝,胆石症の合併が多い.
6)その他:
変形性膝関節症,股関節症などの整形外科的疾患,女性では無月経などの月経障害や妊娠合併症(妊娠糖尿病,妊娠高血圧症候群,難産)がある.胆道癌,大腸癌などの悪性疾患の発生率も高い.
診断
 BMIが一般的に用いられ,BMI 25以上を肥満と定義する.インピーダンス法などを用いた体脂肪率の測定では,男性で25%以上,女性で30%以上を肥満と判定することが多い.腹部CT断面像による蓄積内臓脂肪の判定(脂肪面積が100 cm2以上のものを内臓脂肪型肥満と診断) も重要だが,簡便法として臍レベルでの腹囲測定を行い,男性85 cm以上,女性90 cm以上を内臓脂肪蓄積型肥満とする.
鑑別診断
 おもな症候性肥満症を表2-23-1に示す.[浅原哲子・小川佳宏]

文献
石川勝憲ほか:肥満の見分け方.臨床症状シリーズ7.肥満(上田英雄,他編),南江堂,東京,1979.日本肥満学会:肥満症治療ガイドライン2006.肥満研究,12: 2006.吉松博信:脳と食欲制御.臨床糖尿病学,内分泌・糖尿病科,20: 76-90, 2005. 

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

EBM 正しい治療がわかる本

肥満
どんな病気でしょうか?

●おもな症状と経過
 体脂肪が過剰に蓄積した状態を肥満(ひまん)といいます。
 肥満には皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満があります。皮下脂肪型肥満は皮膚の下に脂肪がつくもので、重い体重が関節や骨に負担をかけます。また、内臓脂肪型肥満は内臓に脂肪がつくため、高血圧糖尿病(とうにょうびょう)などの生活習慣病の原因になりうる“危険な肥満”です。内臓脂肪型肥満の場合は、できるだけ早期に食生活の改善や適度な運動を中心とした減量を開始することが必要ですが、その際かかっている病気やかつてかかった病気、すでに肥満が原因の病気がないかどうかを検査してもらい、医師とよく相談のうえ、無理のないプログラムを組むほうが安全で効果的です。
 肥満であるかどうかの判定には、体脂肪率を測定するBMI〔ボディ・マス・インデックス=体重(キログラム)÷身長(メートル)の2乗〕指数を用いる方法が一般的です。BMI25以上は肥満と判定されます。
 さらに、次にあげる病気を伴う肥満の場合、治療を行います。
 ① 2型糖尿病・耐糖能障害
 ②脂質異常症(ししついじょうしょう)
 ③高血圧
 ④痛風(つうふう)・高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)
 ⑤冠動脈疾患(かんどうみゃくしっかん):狭心症(きょうしんしょう)心筋梗塞(しんきんこうそく)
 ⑥脳梗塞:脳塞栓症(のうそくせんしょう)・一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ)
 ⑦睡眠時無呼吸症候群・ピックウィック症候群
 ⑧脂肪肝
 ⑨整形外科的疾患:変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)・腰椎症(ようついしょう)
 ⑩月経異常
 このほか、臍(へそ)の位置で撮影したCTにより内臓脂肪面積が100平方センチメートル以上ある場合は、健康障害をおこすリスクの高い肥満として治療を行います。

●病気の原因や症状がおこってくるしくみ
 肥満は、消費するエネルギーよりも摂取するエネルギーが多い状態が持続的に続き、体に余分なエネルギーが脂肪として蓄えられた結果おこるものです。おもな原因には次のようなものが考えられています。
 過食/さまざまな理由がありますが、最近の傾向はストレスによって過度に食事をしてしまうというものです。満腹感を覚えない、満腹してもさらに食べてしまうといった精神的なものも影響します。
 不規則な食事や早食いなど/決まった時間に食事をしない、早食いなどの原因によって消化が悪くなり、肥満することがあります。
 運動不足/運動をしないと摂取エネルギーが消費エネルギーを上回り、その結果余分なエネルギーを脂肪のかたちで体にため込むようになります。
 体質・遺伝/ホルモン異常や遺伝性の肥満の場合もあります。

●病気の特徴
 厚生労働省の「平成25年国民健康・栄養調査」によると、日本では、男性の肥満者の割合は28.6パーセント、女性の肥満者の割合は20.3パーセントであると報告されています。




よく行われている治療とケアをEBMでチェック

[治療とケア]減量は標準体重ではなく、現状の5~7パーセント減少程度を当面の目標体重として設定する
[評価]☆☆☆☆☆
[評価のポイント] 最初から理想的な体重を肥満治療の目標とするのではなく、5~7パーセント減少程度の実行可能な目標を設定すべきとされています。5パーセントを超える程度の体重の減少で、心疾患のリスクとなり得るもの(脂質異常や高血圧、耐糖能障害)を改善させることができるとされています。(1)

[治療とケア]肥満であることの弊害を本人に理解させ、動機づけを行う
[評価]☆☆☆
[評価のポイント] 治療についての動機づけを十分に行うことが、肥満治療を成功させる重要な要因であるという臨床研究があります。(2)

■生活習慣の改善を行う
[治療とケア]行動療法を行う
[評価]☆☆☆☆☆
[評価のポイント] 肥満の患者さんは、肥満しやすい生活習慣をもっていることが多いので、生活実態、食事、運動について記録をとり、問題点を洗いだし、生活習慣の改善に取り組むという行動療法を行うことが有効です。これは非常に信頼性の高い臨床研究によって確認されています。(3)

[治療とケア]食事療法、運動療法を行う
[評価]☆☆☆☆☆
[評価のポイント] 生活習慣の改善の一環として食事療法、運動療法は肥満の中心的な治療法で有効であることが、非常に信頼性の高い臨床研究によって確認されています。(3)~(5)

 



[治療とケア]超低エネルギー食療法を行う
[評価]☆☆
[評価のポイント] 1日約400キロカロリー程度の超低エネルギー食は、体重を減らすのに有効であることが非常に信頼性の高い臨床研究によりわかっています。しかし、長期的には従来の低エネルギー食と効果は変わらないとする研究もあります。(2)(6)

[治療とケア]薬物療法を行う
[評価]☆☆
[評価のポイント] いくつかの薬物が肥満の治療に有用であることが非常に信頼性の高い臨床研究により知られています。しかし、薬物治療はあくまでも補助的なもので、食事、運動療法が治療の中心となります。(2)


よく使われている薬をEBMでチェック

肥満治療薬
[薬名]サノレックス(マジンドール)(7)
[評価]☆☆
[評価のポイント] マジンドールには食欲を低下させる効果があり、肥満の治療に有効であることが非常に信頼性の高い臨床研究で示されています。しかし、長い目で見ると薬が徐々に効かなくなってきたり、薬を中止するとリバウンドで体重が増えやすいといわれたりしていることなどから、薬物療法のみに頼る治療は慎重に検討すべきでしょう。(2)


総合的に見て現在もっとも確かな治療法
動機づけが最大の課題
 実行することができさえすれば、効果が確実で安全な肥満の治療法は食事療法と運動療法です。しかし最大の問題は、本人が体重を減らしたいという動機づけができるかどうかにあります。
 残念ながら、肥満状態が続くと、生活習慣病やそれに引き続いて生ずる心臓や血管の病気などいかに重大な健康上の問題がおこるかを医師が説明しても、ほとんどの場合十分な動機づけにつながりません。どのような場面で、どのようなアドバイスをすれば動機づけできるのかは、患者さんと医師とのコミュニケーションが十分とれているということが前提となります。
 体重を減らしたいという強い気持ちさえもっていれば、どれくらいの期間でどれくらい体重を減らすのを目標としたらよいのか、食事内容と量、どのような運動が望ましいのかなどは、それぞれ個人個人に特有の状況(肥満度、性別、動脈硬化危険因子の有無、併発疾患の有無など)を考え合わせて、これまでにわかっているさまざまな研究結果に基づいてアドバイスすることが可能です。

肥満から脱する基本的な方法
 基本的には次のような対策をすることで、肥満を改善することになります。
1. エネルギー計算を覚える。食品のエネルギー量を理解し、エネルギー制限が正しく実行できるようにします。
2. 規則的な食生活を守る。1日3食を守ることが減量につながっていきます。間食をしないようにします。
3. 食事内容を見直す。炭水化物や脂肪の多い食品を減らしていきます。
4. ゆっくり食べる。早食いは過食の原因となります。
5. 運動をする。1日の決めた時間に持続できる運動をするようにします。
 肥満度の高い患者さんでは、食事の量を強制的に制限する目的で胃を小さくする手術が有効なことは実証されていますが、欧米と違ってわが国では、非常にまれにしか行われていません。
 薬物療法についても、現在まで、いろいろな薬が開発され、試用されていますが、短期的には減量効果があっても内服中止後のリバウンドによる体重増加や比較的重い副作用の問題が解決されておらず、薬物単独での治療は、安全性という意味で勧められるものではありません。

(1)Douketis JD, Macie C, Thabane L, Williamson DF. Systematic review of long-term weight loss studies in obese adults: clinical significance and applicability to clinical practice. Int J Obes (Lond). 2005;29:1153.
(2)Clinical guidelines on the identification, evaluation, and treatment of overweight and obesity in adults: executive summary. Expert Panel on the Identification, Evaluation, and Treatment of Overweight in Adults. Am J Clin Nutr. 1998;68:899-917.
(3)Tsai AG, Wadden TA. The evolution of very-low-calorie diets: an update and meta-analysis. Obesity (Silver Spring). 2006; 14: 1283.
(4)Weinstock RS, Dai H, Wadden TA. Diet and exercise in the treatment of obesity: effects of 3 interventions on insulin resistance. Arch Intern Med. 1998;158:2477-2483.
(5)Metz JA, Stern JS, Kris-Etherton P, et al. A randomized trial of improved weight loss with a prepared meal plan in overweight and obese patients: impact on cardiovascular risk reduction. Arch Intern Med. 2000;160:2150-2158.
(6)Apfelbaum M, Vague P, Ziegler O, et al. Long-term maintenance of weight loss after a very-low-calorie diet: a randomized blinded trial of the efficacy and tolerability of sibutramine. Am J Med. 1999;106:179-184.
(7)Walker BR, Ballard IM, Gold JA. A multicentre study comparing mazindol and placebo in obese patients. J Int Med Res. 1977;5:85-90.

出典:法研「EBM 正しい治療がわかる本」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肥満」の用語解説はコトバンクが提供しています。

肥満の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.