Rakuten infoseek

辞書

肝管【かんかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

肝管
かんかん
hepatic duct
胆汁を排泄する肝臓内の胆管は,肝実質内で集合し,次第に太くなって最終的に肝臓の左右両葉から1管ずつ肝臓外に出るが,これを肝管という。左右の肝管は肝門で合流して1本の総肝管となり,次いで胆嚢管と合して総胆管となり,膵管と合流して十二指腸に出る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐かん〔‐クワン〕【肝管】
肝臓で作られた胆汁を集めて運ぶ細い管。左葉と右葉から出て、肝門部で合流して総肝管となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

肝管
 肝臓での胆汁の通路

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんかん【肝管】
肝臓で生成された胆汁を運ぶ管。左右両葉から出て肝門で合流して総肝管となる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐かん ‥クヮン【肝管】
〘名〙 肝臓組織内にある細管。肝細胞の分泌する胆汁(たんじゅう)を運ぶもの。これが集まって大管となり、左右両葉からそれぞれ一管ずつを出して肝門でいっしょになる。〔医語類聚(1872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肝管」の用語解説はコトバンクが提供しています。

肝管の関連情報

他サービスで検索

「肝管」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.