Rakuten infoseek

辞書

【チュウ】

デジタル大辞泉

ちゅう【肘】[漢字項目]
常用漢字] [音]チュウ(チウ)(呉)(漢) [訓]ひじ
ひじ。腕の関節部分。「掣肘(せいちゅう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひじ〔ひぢ〕【肘/×肱/×臂】
上腕と前腕とをつなぐ関節部の外側。「―で小突く」
肘のように折れ曲がって突き出ているもの。「椅子の―」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひじ【肘 elbow】
上腕と前腕との移行部で,内部は肘(ちゆう)関節となって,上腕骨が前腕の橈骨(とうこつ)および尺骨と連結するところである。後面は尺骨の肘頭に相当して突出しているが,前面はへこんで〈肘窩(ちゆうか)〉となっている。肘窩では,上腕二頭筋(力こぶの筋)の腱をよく触れることができるし,またこの腱の内側では上腕動脈の拍動を触れる。ひじの前面には〈尺側皮静脈〉〈肘正中皮静脈〉などがあり,静脈内注射や採血にはこれらの静脈が選ばれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


ひじ
上腕部と前腕部との中間の部分をさすが、その範囲は明確に境されているわけではない。解剖学的には前肘(ぜんちゅう)部、後肘部および肘窩(ちゅうか)に区分する。屈曲側が前肘部で、中央の軽くへこんでいる部分が肘窩である。伸側が後肘部で、肘を屈曲したときにいちばん突出している部分を肘頭という。この肘頭は尺骨(しゃくこつ)の頭端の部分に相当する。肘窩の形状は逆三角形で、底辺の位置は、肘部の両側にもっとも突出した部位を結んだ線(上顆(じょうか)線という。上腕骨の遠位骨端部の外側上顆と内側上顆を結んだ線)である。また両側は、腕橈骨(とうこつ)筋内側縁と円回内筋外側縁とに囲まれた部分となる。肘窩に指を触れると、上腕二頭筋の硬い腱(けん)に触れることができる。この腱の内側では上腕動脈の拍動を感じることができる。肘窩の表層には肘正中皮静脈という皮下静脈が走り、静脈内注射や採血などに用いられる。肘の運動に関与する肘(ちゅう)関節は2個の蝶番(ちょうつがい)関節と1個の車軸関節で構成されている。すなわち、蝶番関節である腕尺関節・腕橈関節と、車軸関節である上橈尺関節とが関節包に包まれているわけである。なお、一般用語で肱や臂も「ひじ」と読むが、臂は肩から手首まで、肱は臂の下半部、肘は臂が突出する部分をさすという。[嶋井和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう チウ【肘】
〘名〙 人体の腕の関節。ひじ。また、むかし、長さをはかった一基準。ひじの関節から中指の先端までの約五〇センチメートルほどの長さ。
※今昔(1120頃か)一「さて、提婆達多、仏の御許(みもと)に行て三十肘の石を投て仏を打奉る時に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

肘の関連情報

他サービスで検索

「肘」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.