Rakuten infoseek

辞書

【しき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


しき
(1) 律令官制において中宮職大膳職京職などの役所の名称に用いられた。省の下,寮の上におかれ,長官を大夫,次官を亮,判官を進,主典を属といい,判官以下はそれぞれ大少に分れている。 (2) 職務職掌権益などを表わすのに用いられた。平安時代中期以降,荘園制の発展に伴って,本家職,領家職,預所職下司職,公文 (くもん) 職,田所 (たどころ) 職,名主 (みょうしゅ) 職,作職,下作職,大工職など多くの職が生じたが,これらは職務を示すとともに,それに付随した得分権 (権益) を含むものであり,また土地用益権だけをさす場合もあった。これは国司をさす吏務職,源頼朝が設置した守護職地頭職の場合も同様である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しき【職】
律令官制で、の下、の上に位置する役所。中宮職大膳(だいぜん)職京職摂津職など。
中世、職務に付随する権限をさす。本家職・領家職・下司職・作職・守護職・地頭職など。
職曹司(しきのぞうし)」の略。
「―へなむ参る。ことづけやある」〈・八三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょく【職】
担当する務め。また、その地位。職務。「会長のにつく」「管理
生活を支えるための仕事。職業。「を探す」「を失う」
身についた技術。技能。「手にをつける」→職として

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょく【職】[漢字項目]
[音]ショク(漢) シキ(呉)
学習漢字]5年
〈ショク〉
本分として担当すべき役目や任務。「職員職掌職責職務汚職解職官職劇職辞職重職殉職神職聖職奉職役職要職名誉職
暮らしのためにする仕事。「職業職場(しょくば)求職座職失職就職定職転職内職無職
手先を使う仕事。「職工職人手職(てしょく)畳職(たたみしょく)
〈シキ〉律令制で、の下の役所の名。「修理職(しゅりしき)
[名のり]つね・もと・よし・より
[難読]有職(ゆうそく)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そく【職】
《「しょく」の直音表記》官職。職務。
「さやうの事しげき―には」〈澪標

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しき【職】
平安中期以降,職務的権能とそれに付随する収益権が世襲的私財化することによって成立した中世社会に特徴的な権益。律令官制には,中宮職,大膳職,京職,修理職という職の称をもつ官があり,省の下,寮・司などの上に位置した。しかし律令官制の変質過程で,10世紀には〈郡大領職〉〈少領職〉〈郡司之職〉など,郡司の地位を〈職〉の称を付けて表すことが行われるようになり,さらに11世紀では国司の補任状でも〈郡司職〉と表す例が出現する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しき【職】
律令制で、省に属し、寮・司の上に位する役所。中宮職・大膳職・京職など。
「職の曹司ぞうし」の略。 「 -へなむ参る/枕草子 83
荘園制において、職務に付随した権益または土地の用益権などをいう。私財化して譲与の対象となった。領家職・守護職・地頭職・名主職など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょく【職】
担当する役目。職務。 「駅長の-」
生活を支えるための仕事。また、その手段となる技能。 「新しい-を求める」 「手に-をつける」
[句項目] 職として 職を奉ずる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そく【職】
〔「しょく」の直音表記〕
官職。職務。 「さやうの事繁き-にはたへずなむとて/源氏 澪標

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しき【職】
〘名〙 (「しき」は「職」の呉音)
① 令制で、八省に属した官司の一種。中宮職・春宮(とうぐう)職・大膳職・左京職など。また、造営職・修理職など令外官にも「職」の字が使われている。
※続日本紀‐大宝元年(701)七月戊戌「太政官処分。造宮官准職。造大安薬師二寺官准寮」
※枕(10C終)八三「『しきへなむ参る。ことづけやある。いつかまゐる』などのたまふ」
③ 平安中・後期、郡司職・郷司職などの官職について、その職権と地位が抽象的に認識されたもの。官職の世襲化が進んで「相伝私領」と称され私財化した。
※三代格‐七・元慶七年(883)一二月二五日「頃年之例往々有件職
④ 荘園制的職務をさす語。平安末以後、はじめは下司職・預所職など内実としては経済的収益権や在地での領主権などの私権を含む職務をさし、領家職・本家職のように荘務の実際から離れた得分権をもさした。
⑤ 仕事。職分。
※新内・与話情浮名横櫛(源氏店)(1868‐70頃か)「小本を読むのがいいしきで、結構な御身分」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょく【職】
[1] 〘名〙
① 担当している務め。また、その地位。役目。職務。
※菅家文草(900頃)一・拝戸部侍郎聊書所懐呈田外史「聞説劇官戸部郎 人臣何簡職閑忙」
※浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)九「貝田勘解由に職(ショク)をこへられ、我威勢を奪はれし其無念やむ時なく」 〔書経‐周官〕
② 生計をたてるための仕事。職業。また、勤め口。
※雲形本狂言・塗師平六(室町末‐近世初)「むかしは花うるし、今は年たちらういろの、うるしのばちもあたりたる、職(ショク)の有様さむげせよ」
③ 身についた技能。技術。
※説経節・さんせう太夫(与七郎正本)(1640頃)上「のふがないしょくがないとて、あしてのすぢをたちきって」
④ みつぎもの。貢物。〔史記‐叔孫通伝〕
当道新式目(1692)当道濫觴之事「人王九十五代後醍醐天皇の御宇に当道皆座の座上を以て職役と名く。明石検校覚一其比の座上によりて、職と号して官位の事を執行ふ」
⑥ 「しょくにん(職人)」の略。
※雑俳・鼻あぶら(1782)「左り箸かまはぬ職の子」
[2] 〘語素〙 職業、仕事。また、それに従事している人。「管理職」「たたみ職」「名誉職」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そく【職】
〘名〙 (「そく」は「しょく」の直音表記) 官職。職務。しょく。つかさ。
※落窪(10C後)三「老いもて行くままに、衛府(ゑふ)づかさ堪へず。若う花やかなる若男のそくにてなん堪へたるとて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

職の関連情報

他サービスで検索

「職」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.