Rakuten infoseek

辞書

職衆【シキシュ】

デジタル大辞泉

しき‐しゅ【職衆/色衆】
法会のとき、梵唄(ぼんばい)・散華(さんげ)などの職務をつとめる僧衆

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しきしゅう【職衆】
仏教儀式(法要)になんらかの役割を帯びて出仕する僧侶集団をいう。色式衆とも記し,〈しきしゅ〉と読む場合もある。法会の出勤者全体をさす用語には,大衆(だいしゆ),衆僧列僧などがあり,職衆とほぼ同様に用いられる。職衆と称する場合には,なんらかの身分的制約(たとえば色衣を許されるなど)が意識されていることもある。職衆は導師などの法要主宰者の下で,位階力量に応じた任務をあらかじめ授けられている。諸役が末端に至るまで各自を果たすことにより,導師の統率に基づいた法要が執行され,儀式の宗教的趣旨が具体化されることになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

職衆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

職衆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.